2017.11.10更新

こんにちは。

24節気の立冬も過ぎ、暦の上では冬ですが、先月に比べると晴れの日が多く秋らしい天気が続いています。

しかし、冬の足音は確実に近づいており、富士山で初冠雪が記録されたり、最低気温の温度がどんどん下がっていますので、日中の温度と朝晩の温度の温度差に十分にお気を付けください。

 

 

本日、ご紹介するツボは腹結(ふっけつ)」です。

 

腹結

 

腹結は、足の太陰脾経の第14番目のツボです。

ツボの取穴部位は、下腹部、臍中央の下方1寸3分、前正中線の外方4寸に取ります。

おへその両脇へ指幅4本分外側に離れた所から、更に真下へ指幅1本分下がった所にあります。

ほぼ、乳頭線上にあるので、縦のラインは乳頭をずっと下がっていくと見つけやすいかもしれません。

 

 

腹結の名前の由来は、「結」は集まるの意味があり、腹結穴は臍周囲の痛みや腹痛、便秘、腹脹、ガスの張りなどの症状を主治することから、この名がついたといわれています。

 

 

 

 

便秘やシコリの事を結積と呼びますが・・

文字通り「腹」が「結」積した時に効果的なのがこのツボなんです。

つまり・・便秘や下痢に効果を発揮するツボです。


また、疝気や腹痛、腹部膨満などに効果的なツボでもあります。

更に妊娠中に便秘になる妊婦さんは比較的多く見られますが、妊婦の便秘のツボ療法にも有効です。

しかし、人によっては効果が出ない方も。その場合は別の原因を疑う必要があるかもしれませんのでご注意を<m(__)m>

 

 

 

 

人差し指、中指、薬指を揃えてツボにあて決して強く押さず、心地よいと感じる程度の強さで左右それぞれ5回ずつ行います。

もちろん、家庭灸や温熱灸両方も効果的です。


また、アルミ箔を小さく約3~5ミリ程度に丸めたものをセロテープで貼るのも効果が得られます。

当院で取り扱っているパイオネックス(貼る鍼)を使うのもいいでしょう!!!

 

 

 

 

便秘で悩む方は、多いかと思います。

これからの時期、入学試験や秋採用の就職試験などの試験に臨む方も少ないかとも思います。

そのなかで、緊張してしまうとトイレに行っても中々でないという方もいらっしゃるのでは?

 

 

そういう方に是非試していただきたい腹結です。

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイクbicycle

 


 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら