2017.12.04更新

今年も残すところあと1か月となりました。

今年の年頭にたてた目標をいくつ達成出来ましたか?

まだ、達成できていないものが、ある方は、この1カ月でなんとか達成できるよう最後まで頑張りましょう!!

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「腹哀(ふくあい)」です。

 

腹哀

 

腹哀は、足の太陰脾経の16番目のツボになります。

ツボの位置は、上腹部、臍中央の上方3寸、前正中線の外方4寸に取ります。

乳首からまっすぐおろした線上で、肋骨の下へり、前回紹介いたしました大横の上3寸のところにあります。

大横から上に線を上げていくと肋骨とぶつかりますが、その部分です。

 

 

腹哀の名前の由来は、「哀」は鳴く、泣くの意味があり、この経穴が府首に在り腹痛や便秘などの症状の時にお腹が悲鳴を上げて泣いているように聞こえることからこの名前がつけられました。

 

 

 

腹哀の効果効能は、特に腹痛や腹鳴に有効です。

 

また、消化不良や下痢、便秘などの腸の不調全般のほか胆石の痛みの改善等にも効果的で、肝臓肥大には右腹哀のツボ、胃けいれんには左腹哀のツボなどとも言われます。


更に、ニキビにも効果を発揮します。

 

 

 

腹哀を刺激する際は、人差し指と中指の腹を添えて、ゆっくり押し込み、若干痛いかなという所までいったら押し込むのを止めて、そのまま30秒間静止します。


肋骨の下に指を差し入れるようにすると良いでしょう。


そして、力を緩めるのですが、この時、指はお腹から離さない様にして10秒間そのままの状態でキープして下さい。




これを1セットとして、3セット行います。

 

 

 

 

 

 

腹哀は、禁灸穴となっていますので、今回は家庭灸は行わない様にしてください。

 

 

 

1年の締めくくりということで、仕事の忙しさが増したり、忘年会がちらほらと入ってきたりで最近胃腸の調子があまり良くなかったり、気付いたらリビングで寝ていたり、精神的苦痛もあったり・・・

こんな症状に悩まされたり、慢性的に食欲不振や消化不良がある方は、日頃からこのツボの刺激を!!

 

 

 

12月に入り、朝晩の寒さも増してきたように感じます。

風邪などひかぬようご注意ください。

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら