2019.04.15更新

先日、熊本地震から3年が経過いたしました。

今なお、震災の傷跡は残るものの、復興は少しづつ進んでいるようです。熊本の象徴でもある熊本城の復興にも仙台市から職員の方が派遣され、東日本大震災の時に復興させた経験を伝えながら、復興の手助けを行っているそうです。

時間とともに、地元の方以外は関心が少なくなってきてしまいますが、風化させない様に我々も関心を持ち続けることが大切になってきますね。

 

 

本日、ご紹介するツボは五処(ごしょ)です。

 

五処

 

五処は、足の太陽膀胱経の5番目のツボです。

ツボの取穴部位は、頭部、前髪際の後方1寸、前正中線の外方1寸5分に取ります。

前回、ご紹介した「曲差」から5分後ろ(上に上がる)にあるツボですので、「曲差」が見つかれば、比較的見つけやすいツボだと思います。

 

 

 

五処の名前の由来は、「五」は膀胱経の五番目のツボ、「曲差」から五分上にあるツボという事からつけられ、「処」は、場所、ところという意味で、これらを合わせてこの名前がつけられました。

 

 

 

 

五処の効果効能は、眼精疲労・めまい・頭痛・視力低下など目に関する疾患において、効果を発揮してくれます。

その他、小児のひきつけにも効果があります。

 

 

 

五処を押す際には、曲差を押す時と同じように、指先で円を描くように回しながら押したり、軽い力で指で押すようにしてください。

こちらもちょっとした時間にすぐ押せるツボですので、頭痛が出そうな感じの時、目が疲れているなという時に押してみてください☆

 

 

 

 

 

やはり、五処も目の近くに存在するツボなので、目に関係している症状に対しての治療効果が多くあげられます。

ここまで、紹介した膀胱経のツボは、すべて目の周りや近くにあるツボですので、目が疲れている時などに合わせて押してみるとより高い効果を得られると思いますよ(*^-^*)

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイセコーbicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら