2019.04.30更新

今日は、平成最後の日。

当院のスタッフは、全員昭和生まれですが、物心ついたころにはすでに平成に年号が変わっていたので、しっかりと年号が変わる瞬間を迎えるのは、今回が初めてになります。

年号が変わってなにかが大きく変わるという事は、中々実感しづらいですが、次の令和でも戦争など無く、平和な時代が続くように願うばかりです。

 

 

本日、ご紹介するツボは「承光(しょうこう)」です。

 承光

 

承光は、足の太陽膀胱経の6番目のツボです。

ツボの取穴部位は、頭部、前髪際の後方2寸5分、前正中線の外方1寸5分に取ります。

前髪の生え際から少し入ったところ、前回ご紹介した五処の後方1寸5分の所がツボの位置になります。

 

 

 

 

承光の名前の由来は、「承」はうける・うけとめる、「光」は光りという意味をそれぞれ持ち、天か麻塩らの光を受ける場所ということでこの名前がつけられました。

 

 

 

 

承光の効果効能は、眩暈、頭痛、視力減退など目の疾患に効果を得られます。

また、その他にも鼻づまりして匂いが分からない、透明な鼻水が多いなどの鼻疾患にも良いとされております。

この時期、スギ花粉の大きな被害は去りつつありますが、ヒノキでしたりスギもまだ影響が残っていますので、悩まされている方は是非お試し下さい。

 

 

 

 

承光をご自分で押すときは、中指か人差し指を使って押すと押しやすいでしょう。

その際は、力を込めて強く押すのではなく、ゆっくりと力を入れていき10秒~15秒ほど時間をかけて押していくと良いでしょう。

お灸も悪くありませんが、家庭灸を使って自分で施灸するには、髪の毛に火がつかないかなどの心配があると思いますので、お灸をやってみたいという方はご来院の際にスタッフにご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

TVなどで、平成ヒットソングだったり平成事件史、スポーツ名シーンなど平成年間を振り返る番組が多くありましたが、名前や概要、曲名などは知っていたものの、「あ、これも平成のものなんだ」「そういえば、こんなこともあった」など初めて知ったり、思い出したりすることも意外と多くありました。

明日からの新年号「令和」

先にも書きましたが、悲しい事件や戦争が起きない時代であってほしいものです。

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら