2019.11.05更新

11月に入りました。

今年も残り、2か月ということで今月末から年末にかけて忘年会の予定が少しづつ埋まっているという方も少なくないのではないのでしょうか?

しかし、忘年会が増えてくると気になってくるのが、体重の増加と胃のもたれ…。

わかっちゃいるけど、〆のラーメンが止まらない…

そんなあなたにとって、今日お伝えするツボはこれからの季節、重宝するかもしれません。

 

 

本日、ご紹介するツボは「胃兪(いゆ)」です。

 

 胃兪

 

胃兪は、足の太陽膀胱経の21番目のツボになり、胃の背部兪穴になります。

 

ツボの取穴部位は、上背部、第12胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分に取穴します。

 

 

胃兪は、胃の裏側にあるツボで胃の疾患を治す要穴ということで、この名前が付けられました。

 

 

 

胃兪の効果効能は、胃痛、胃下垂、胃の消化不良など胃の不調全般的に効果があります。

また、吐き気がするときや、嘔吐時、お腹が張って食欲が出ない。そんな時にも症状を緩和する効果があります。

 

 

 

胃兪を自分で押すときには、押しにくい場所にあるので拳を握り、軽い強さから心地よいと感じるくらいの強さで左右交互に叩くようにします。

1秒間にだいたい2回くらいのペースで少し背中を丸めた状態で行いましょう。

もし、指で押せるという方は、人差し指と中指を使って、ゆっくり5~10秒かけて押し、5~10秒かけて戻すように押してみてください。

 

もちろん、家庭灸や温灸も効果が期待できます。

 

 

 

 

前回紹介した脾兪と同じように、消化吸収作用に効果のある胃兪。

最初に書いた忘年会シーズだけでなく、胃もたれしやすいとか胃腸の働きがあまりよろしくないという方は、普段からこちらのツボを刺激しておくとそういったお悩みの手助けになるかもしれません。

健康に気を付けて日々を過ごしていきましょう!!

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら