2020.11.30更新

今日は11月最終日。

今年も残り1か月となりました。

 昨日から始まった区の新人戦決勝リーグ。詳細は、院のインスタグラムに掲載していますが、男子は無事に勝利をおさめ、女子は残念ながら初戦を落としてしまいました。

しかし、残り2戦を勝利する事が出来れば都大会への道が開けます。気持ちを切り替えて次戦に臨んでもらいたいです。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「膈関(かくかん)」です。

 

膈関

 

膈関は、足の太陽膀胱経の46番目のツボです。

 

 

ツボの取穴部位は、上背部、第7胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方3寸に取ります。

背骨から指4本分(3寸)肩甲骨の下角(一番下の角の部分)と同じ高さなので、肩甲骨の下角を目安に探すと探しやすいかもしれません。

 

 

 

 

膈関の名前の由来は、「膈」は横隔膜、「関」は、胸腔と腹腔の境、分けるという意味があり、横隔膜と胸腔の境目にあるツボということからこの名前がつけられました。

 

 

 

 

膈関の効果効能は、胃のむかつき、ゲップ、嘔吐、慢性胃炎などの消化器症状に対して効果を発揮します。

ただ、今回お症状の中のゲップは食後に出るものや炭酸飲料を飲んだ後に出るものではなく、胃の張りや痛みを伴う時に出るようなゲップの時により効果を発揮してくれます。

 

その他にもツボのある位置から胸肋部や背中の痛みにも効果を発揮してくれます。

 

また、意外や意外、不眠で悩んでいる時にこの膈関を刺激することで安眠へといざなってくれるそんな効果もあります。

 

 

 

 

膈関をご自分で刺激する際には、人差し指と中指に力を入れて、ゆっくりと押し回すようにして力を入れていきます。

ちょっと、押しづらい時には壁と自分の身体の間にボールペンを挟み(キャップ式ならキャップをしたまま。ノック式ならペン先が出ていない状態)ツボに位置にペンが当たるようにしてゆっくりと体重をかけて刺激を加えていくのもありです。

 

もちろん、パートナーの方に押してもらうのもお灸で温めるのもありです。

 

 

 

 

 

 

これから、大掃除などで重いものを持ったり腰をかがめるような動作が続いたりするなど、普段よりも身体に負担がかかりやすくなるので、「あれれ~おかしいぞ~」とコナン君の様に異変に気付いたときは東武東上線上板橋駅徒歩3分のSUN鍼灸整骨院にご相談下さい。

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイクbicycle

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら