2018.10.25更新

今日は、ドラフト会議の日です。

一部では東大に入るよりも難しいと言われるプロ野球選手への道。

指名されることはないとわかっていてもそわそわしてしまいます。

憧れや夢が現実になるのか、仕事が終わって帰るころには、全容が明らかになっているでしょうから、楽しみにして仕事を頑張りたいと思います。

 

 

本日、ご紹介するツボは、「天容(てんよう)」です。

 

天容

 

天容は手の太陽小腸経の17番目のツボです。

 

 

ツボの位置は、前頸部、下顎角の後方、胸鎖乳突筋の前方陥凹部になります。

耳たぶの後ろにある窪みより指幅1本分後ろにあります。

 

天容の名前の由来は、「天」は頭部、「容」は引き入れる、受け入れるという意味があります。このツボは先にも書いた通り耳の下、下顎骨の後ろの頭部に位置しているので、頭頚部の疾患を治す効果があることからこの名がつけられました。

 

 

 

天容の効果効能は、耳鳴の緩和、難聴、咽喉部の腫脹、疼痛、咽喉部の閉塞感に効果があります。


さらに頬部の腫脹、頸部リンパ節の腫れや発声障害などにも効果を発揮します。


寝違えてしまったときや偏頭痛(片頭痛)の症状が出た時に和らげてくれる効果もあります。

 

また、弛んできたアゴの引き締めにも効果を発揮します。

 

 

 

天容を押す時のコツは、人差し指または中指の腹を用いて指圧します。


押す時の強さは指先で軽くこねるように押しましょう。


このツボを押していくと、首の筋肉の緊張がほぐれ、痛みが和らぎ、首を動かすのも楽になります。


更に耳の下から喉もとまでさするとより効果が高まります。

 

もちろん家庭灸や温熱灸療法で温めるのも良し、パイオネックス(貼る鍼)を貼り、継続的に刺激を加えてあげるのも効果的です。

 

 

 

 

今年のドラフトは高校生の野手が複数球団から指名を受けると予想されています。

中でも注目されているのは、秋田の金足農業・吉田君と大阪桐蔭の根尾君でしょう。

いったい何球団の指名を受けるのでしょうか?

 

 

結果は本日夕方!!

 

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.10.17更新

ようやく、秋らしい天気が続くようになった今日この頃。

朝晩の冷え込みが、少しづつ出てきていますので通勤・通学の際には調節しやすい恰好でお出かけくださいm(__)m

 

 

本日ご紹介するツボは、「天窓(てんそう)」です。

 

 天窓

 

天窓は、手の太陽小腸経の16番目のツボになります。

 

ツボの位置は、前頸部、胸鎖乳突筋の後縁、甲状軟骨上縁と同じ高さに取ります。

喉の高い所とアゴの骨の後ろ角の中間の高さで胸鎖乳突筋の後側の縁、外頚動脈が拍動している所にあります。


耳の後ろにある乳鎖突起という骨からまっすぐ下に下ろした線と、喉仏から水平に引いた線が交わる所にあります。

 

 

天窓の名前の由来は、「天」は頭を指し、「窓」は頭部にある七窮(眼・鼻・耳・口の7つの穴のこと)を指しています。この経穴は七窮の疾患を治すので、窓を開け気の通りを良くすることからこの名がつけられました。

 

 

 

 

 

天窓の効果効能は、耳のつまりを通し、回復させます。


中耳炎や耳下腺炎、難聴・耳鳴りなどの耳の疾患や頭痛、また咽喉部の張りや痛み、扁桃炎の腫れにも効果を発揮します。

 


頸肩腕症候群やムチウチ症からの痛み、下歯痛や三叉神経痛などにも有効です。

 

 

 

 

天窓を押す際には、反対側の親指を抜かした4本の指の腹で円を描くように


シコリを揉み解すようにします。

片頭痛の場合、強めの力で大丈夫なのですが、左右ほぐす時には、弱い力で丁寧に指圧します。


基本的にこのツボを押す時はゆっくりと軽めに指圧しましょう。


強く押しますと動脈が押されて苦しくなります。


もちろん家庭灸や温熱灸療法が効果的です。

 

当院でもおススメしているパイオネックス(貼る鍼)を貼ることで、硬くなった筋肉をほぐしてあげるのも効果が期待できます。

 

 

 

秋は、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋など様々な表現がされます。

読書の秋は、最近ではスマホでも読むことができる手軽さもあって、通勤途中で読んでいる方も多いのではないでしょうか?

スマホを使用している時は、どうしても下を向くことが多く、首や肩のかけて負担が大きくなってきますので、少し疲れたなと思ったときは、この天窓を押してみてください!!

 

 

それでは、また次回(^^)/

ばいバイセコーbicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.10.10更新

灼熱のグラウンドで輝きをはなった球児たちが戻ってきました。

福井県で行われている国体公開競技・高校野球です。

残念ながら、悪天候の影響で準決勝・決勝は行われず勝ち残った4校が優勝扱いになりましたが、叶うならば史上初の2度目の春夏連覇の偉業を達成した大阪桐蔭高校打線と一大フィーバーを巻き起こした金足農業・吉田君の対戦が見たかったですがいたしかたがありません。

次のステージでの活躍に期待しましょう。

 

本日、ご紹介するツボは肩中兪(けんちゅうゆ)です。

 

肩中兪

 

肩中兪は手の太陽小腸経15番目のツボです

取穴部位は、上背部、第7頸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方2寸になります。

 

首の後ろの出っ張った骨(第7頚椎)の高さにあり、背骨をはさんで左右へ指2本分離れた両側にあります。

 

 

 

肩中兪の名前の由来は、肩井穴と大椎穴を結んだ中間の経穴というところからその名前がつけられました。

 

 

 

肩中兪の効果効能は、頭痛に効果あります。


首や肩の筋肉は、頭や腕を支えるために常に緊張している状態にあり、気血の停滞が起こりやすい場所でもあります。


その気血の滞りを取り除き、中までつながる首や肩のコリに効果があります。


喘息、風邪の咳き込み、頸背部痛やむちうち症にも効果を発揮します。

 

 

 

肩中兪を押す際には、親指と中指の腹でゆっくり押しこむように痛気持ちいいと感じるようくらいのやや強めに指圧し、周囲を手のひらで押してなでるようにすると、さらに効果的です。


息を吐きながらゆっくり押していくと、痛気持ちいい刺激が首から肩全体へと広がっていくのを感じることができるはずです。


傘の柄や孫の手などのグッズを使って押しても簡単にツボを押すことが出来て心地よさを感じられると思います。

 

 

 

 

 

国体が終わり、球児たちの進路がより注目を浴びるようになってきます。

プロ志望届を出すのか大学進学を目指すのかはたまた社会人に進むのか・・・

報道が過熱し過ぎて、周りがとやかく言うのではなく、本人が納得のいく答えを出してもらえたらと老婆心ながら思います。

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

 

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.09.19更新

9月になっても残暑が厳しいのかなと思っていましたが、台風が多く来ているせいかそこまでアツいι(´Д`υ)アツィーというような日が少ないように感じます。

気温が上がりすぎないと過ごしやすくていいのですが、天候不順だと中々出かける予定も変更したりで大変ですよね。

 

本日、ご紹介するツボは「肩外兪(けんがいゆ)」です。

 

肩外兪

 

肩外兪は、手の太陽小腸経の14番目のツボになります。

 

 

ツボの取穴部位は、陶道(督脈)を通る水平線と肩甲骨内側縁の延長線との交点になります。

肩甲骨の逆三角形の骨の上部・内側の頂点あたりにあります。


第1胸椎棘状突起の下から約7センチ外側にあります。

 

 

肩外兪の名前の由来は、肩甲骨の外側を「肩外」と指したからその名前がつけられたといわれています。

 

 

 

肩外兪の効果効能は、肩こり・頚こり・背中の痛みに効きます!!

特に肩から肩甲骨外側にかけての重ぐるしさや痛みを和らげる効果があります。

また、肩こりからくる眼精疲労やムチウチ症にも効果的です。

 

 

 

 

肩外兪を押す際には、逆の手で肩をつかむようにして、中指と薬指の腹で


3~4秒間ほど時間をかけて気持ちがいいと思う強さで押して刺激します。

 

また、傘の柄の部分などを使って刺激を加えてもいい感じに押せますよlight bulb

例によって、家庭灸や温熱灸療法も効果的ですのでそれらを使って温めてみてください。

 

 

今では生活に欠かせないパソコンやスマートフォン。

仕事中やオフの時間にかかわらずパソコンを操作しながら電話を受けるということもなくはないと思いますが、こういった状態が長く続くと背中の張りの原因や酷い場合は背骨へと影響を及ぼしてくる可能性があります。

 

背中の張りが酷くなる前に時間を作って、身体のメンテナンスにお越しください。

 

それでゃ、また次回(^^)/

バイバイクbicycle

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.09.10更新

先日、夏休みをいただき実家に帰省しました。

天気はあまり良くありませんでしたが、久々に会う方もいてゆっくりとした時間を過ごせました。

 

 

 

 

本日ご紹介するツボは「曲垣(きょくえん)」です。

 

曲垣

 

曲垣は、手の太陽小腸経の13番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、肩甲棘内端の直上で、棘上窩の内側の隅の陥凹中に取ります。

臑兪と第二胸椎棘状突起の連結線の中点にあたり、肩甲骨の内側のくぼみからおおよそ2cmほど上のところにあります。

 

 

 

 

 

曲垣の名前の由来は、塀や垣根の意味からきています。

この経穴は肩甲棘上方の陥凹部にあって、肩甲骨の形が低い塀のように弯曲していることから、この名がついたといわれています。

 

 

 

曲垣の効果効能は、ズバリ寝違えから起こる肩のこわばりを和らげる効果ですglitter

 

曲垣を刺激することによって、肩や首の気血の流れがよくなり、筋肉に酸素や疲労物質が溜まらないようになり、コリが解消されていきますので、首や肩のコリが酷く、背中までこわばっている時に効果的です。

 

 

 

 

 

曲垣を押す際には、人差し指や中指の先をツボに当て、腕全体の重さで手前に引くようにゆっくり押しまわすように


5秒の指圧を5回ほど繰り返し、指圧します。

 

また、家庭灸や温熱灸療法で温めてあげるのも効果的です!

 

 

 

 

今月は3連休が2週続き、ゆっくりするにもどこかへ出かけるにももってこいですね。

ゆっくり過ごすという人の中には普段より長めに睡眠時間をとって、たっぷりと体を休めるという方もいるでしょう。

万が一、寝違えてしまった場合は、このツボを押してみてください。

 

それでも、改善しない場合は是非、当院へお越しください!!!!

ヨ・ロ・シ・ク(^^)/

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.08.28更新

平成最後の夏の甲子園。

第100回夏の全国高校野球選手権大会は北大阪代表大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じました。

準優勝の秋田代表金足農業は、秋田代表として103年ぶり(第1回大会以来)の決勝戦へと勝ち進み、エース吉田君を中心とした戦いぶりは多くの感動を与えてくれました。

これからの100年に向け、改善点なども生まれてくるでしょうが、選手たちの熱い戦いぶりにはいつも感動させます。

来年もまた、素晴らしい試合、プレーを楽しみにしています。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「秉風(へいふう)」です。

 

秉風

 

秉風は、手の太陽小腸経の12番目のツボです。

 

ツボの取穴部位は、肩甲部、棘上窩、肩甲棘中点の上方に取ります。

肩甲骨にある水平状の骨(肩甲棘)の中央の凹部にあるツボ。

腕を上げてみると陥没するので分かりやすいと思います。

肩甲棘上窩の中点、前回ご紹介した「天宗」の直上にあるツボです。

 

 

秉風の名前の由来は、「秉」は掌握する、手荷物などに意味があり、「風」は風邪の意味です。この経穴は風を支配し掌握することで、風邪による症状を治すことからこの名がつけられたといわれています。

 

 

秉風の効果効能は、肩こり、五十肩に効果があります。


また、頚部痛や半身麻痺、手のしびれに効果的です。

 

 

 

 

秉風を押す時のポイントは、背中に手をまわし、人差し指を添え、


中指の腹でゆっくり押しまわすように指圧します。


右回り、左回り各4回を1セットとして2~4セット繰り返して下さい。


もちろん家庭灸や温熱灸療法も効果的です!

 

 

 

 

夏の甲子園が終わってもすぐに、秋の大会が始まります。

また、同じ時期に高校総体(インターハイ)もあり、3年生から2年生に代替わりになる時期+夏休みということで練習時間が長くなったりで疲労が溜まりやすい時期でもあります。

当院では、部活生に対するケアも行っていますので、ちょっとしたケガやカラダの事で気になることがあればなんでもご相談ください。

TEL☞03-3550-8809

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.08.16更新

連日、甲子園ではアツい試合が続いています。

まさに、熱闘甲子園。

今大会で一躍注目高校になった金足農業。エースの吉田君を中心にしたいいチームです。

どうしても、公立校が勝ち進むと報道が公立お校寄りになってしまいますが、北大阪代表の大阪桐蔭も史上初の2度目の春夏連覇を目指して勝ち進んでいます。

これも、非常にすごいことなのでこちらもしっかり報道してほしいです。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは天宗(てんそう)です。

天宗

 

天宗は、手の太陽小腸経の11番目のツボです。

 

ツボの取穴部位は、肩甲部、肩甲棘と肩甲骨下角を結んだ線上、肩甲棘から3分の1にある陥凹部に取ります。

 

肩甲骨のほぼ中央、骨が薄くなってくぼみになっている所で、強く押すと腕にかけて響くような痛みが走るので分かりやすいかと思います。

 

 

天宗の名前の由来は、「天」は上部を意味し、「宗」は一族の集団を意味しています。臓腑で一番高いところにある肺を天として、その表に小腸の経気が集まると考えられて天宗と名づけられました。

 

 

 

 

天宗の効果効能として、まず筋肉を和らげる作用があげられます。


特に背中から腕にかけてだるさ・痛みを伴うような肩こりの治療によく使われます。

 

また、胸の痛みにも効果を発揮し、呼吸器症状や動悸、乳汁分泌不全、背中の贅肉対策、高血圧、中耳炎などにも有効です。

 

 

 

 

 

天宗を押す際には、相手をうつぶせに寝かせ、肩甲骨に両手をつき、親指で左右のツボを同時に押します。


このとき、わきの下をつかむようにするといいでしょう。


腕があがらないほどの肩の痛みにも効果があります。


自分でそす手は届かないので、ゴルフボールを使って刺激すると良いでしょう。


壁にもたれた状態や仰向けだと刺激がしやすいはずです。

 

先にも書きましたが、人に押してもらう場合も自分で刺激する際も強さをかけ過ぎないように気をつけてください。

 

 

 

 

甲子園の試合もアツいですが、日中の気温も毎日暑い!!!!

スーパーなどの店頭店頭からは、スポーツドリンクが消えているそうです。

スポーツ飲料やOS-1などの経口補水液などを飲んで熱中症にならないよう注意しましょう。

100パーセントのトマトジュースや麦茶も熱中症予防には効果があります。

 

ご高齢の方が1人で過ごしている場合、トイレに行く回数を減らしたい、電気代の節約などという理由から水分摂取量の不足やエアコンの未使用などにより、熱中症になり緊急搬送されるケースがふえているそうです。

そこを我慢してもっと高い治療費が発生したり、亡くなってしまったら元も子もありません。

ご家族で特に離れて過ごしている方がいましたら、我慢しない様にと一声おかけください!!

 

 

ヨ・ロ・シ・ク!!

 

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.08.06更新

雲は湧き 光あふれて

天高く 純白の球今日ぞ飛ぶ

 

昨日、第100回全国高校野球選手権大会が開幕しました。

大阪代表の大阪桐蔭の史上初の春夏連覇や京都代表の龍谷大平安の春夏通算100勝など様々な記録が期待される今大会。

どこが優勝するか熱戦の模様を注目していきたいと思います。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「臑兪(じゅゆ)」です。

臑兪

 

臑兪は、手の太陽小腸経の10番目のツボです。

 

ツボの取穴部位は、肩周囲部、腋窩横紋後端の上方、肩甲棘の下方陥凹部に取ります。

 

 

ツボの名前の由来は、「臑」は上腕部で肌肉が豊富で骨に付着していないところを指します。「兪」は気が出入りする兪穴の筒の意味で、この経穴が内外の気を通すと考えられたため、この名がついたといわれています。

 

 

 

臑兪の効果効能は、上肢帯のだるさや痛みや無力感に効果があります。

さらに肩腫、頸項のリンパ結核、肩こり、五十肩、上腕神経痛、リウマチ、高血圧、後頭神経痛、肩の痛みなどにも効果を発揮します。

 

 

 

 

臑兪を押す際には、耐えられる程度の強さでゆっくり押して、ゆっくり力を抜いていきます。

押すと肘にひびくツボでもあるので、触れるだけでも痛いときはさするだけでも充分です。

 

 

 

 

元高校球児としては、この時期は仕事を頑張りつつも甲子園の結果が気になるもどかしい時期でもあります。

試合が見れない時は、夜の熱闘甲子園でしっかり結果を確認したいと思います。

 

また、今日は広島に原爆が投下された日でもあります。

教科書で習った知識や戦争を体験された患者様の話を聞き知ることくらいしか出来ませんが、もう二度と同じような事が起こってほしくないと思うことくらいは出来るので、難しいことは苦手でもそういったニュースにも目を向けていきたいと思います。

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.07.17更新

各地で始まっています、第100回全国高等学校野球選手権大会。

記念すべき100回目の今大会は通常の49代表から7校増え56校が、聖地甲子園に出場することが可能です。

ただ、今年は例年にないくらい暑い日が続きているので、選手の皆さんや応援に行かれる方は十分に水分補給や休憩を取りながら、プレーや応援をするようにしてください!!!

 

 

本日、ご紹介するツボは「肩貞(けんてい)です。

 

肩貞

 

肩貞は、手の太陽小腸経の9番目のツボです。

 

取穴部位は、肩周囲部、肩関節の後下方、腋窩横紋後端の上方1寸になります。

腕の付け根で後ろ側の脇の紋の後端から指幅1本分ほど上方に向かった所、肩の後ろ側で肩と腕のちょうど境目、脇の下からおおよそ1~2.5センチ上の所にあります。

 

 

 

 

肩貞の名前の由来は、「肩」はそのまま肩、「貞」は正確、正しいという意味があります。この経穴は腕を上げ下げしても、動かずに正しい位置にあるところから肩貞と名づけられたといわれています。

 

 

 

 

 

肩貞の効果効能は、肩こり、頭痛、五十肩の拳上不能に主に効果を発揮します。


その他、頸部痛、腕のリウマチにも効果があります。

 

 

 

 

肩貞を押す時のポイントは、ツボの位置が体の背面なので、届く範囲で反対側の親指と人差し指と中指とで脇を持つようにして、押しもむようにゆっくり指圧します。


一緒に住んでいる方や押してくれる方がいれば押してもらうのが一番ですが・・・( 一一)

 


他の方に押してもらえる場合は第三頸椎方向へ押し込むような感じで行ってもらうとなおいいでしょう。

 

もちろん家庭灸や温熱灸療法などで温めてあげるのも効果的です。


温泉やお風呂でゆっくり温めるのももいいですね。


爪楊枝鍼の場合は、肩の周囲全体の刺激が効果的でもあります。


その後、片方の手で肩を鷲づかみにして、


同じように腕を上下に20回くらい動かします。

 

 

 

 

当院を受診される方の中にも過去に四十肩や五十肩で肩が上がらないという経験をされた方も現在もその症状に悩まされている方もいらっしゃいます。

そういった方の症状を改善できるようこのツボを使用したりしますので、是非肩の症状に悩んでいる方はご活用ください!!

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイクbicycle

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.07.04更新

いやぁぁぁぁぁ、惜しかった!!!!

途中まで、2-0で勝っていて、このまま大番狂わせが起こるかと思った矢先、同点に追いつかれ、最後は見事なカウンターを決められてしまい逆転負けを喫してしまいました。

しかしながら、大会が始まる前には監督の交代劇があったり、中々勝ちに繋がらなかったりと予選リーグ3戦全敗と予想する解説者も多い中、決勝トーナメント進出を果たした選手たちに大きな拍手を送りたいと思います。

 

 

本日、ご紹介するツボは「小海(しょうかい)」です。

 

 小海

 

海は、手の太陽小腸経の8番目のツボで、同経の合土穴になります。

 

小海の取穴部位は、肘後内側、肘頭と上腕骨内側上顆の間の陥凹部に取ります。

 

肘をやや曲げて上腕内側(小指側)上顆と尺骨鈎状突起(肘頭)の間で圧してジーンとする場所を探します。

椅子の角をぶつけると手や腕に電気が走ったようになる近辺にあります。

 

 

小海の名前の由来は、「小」は手の太陽小腸経の小のことで、その場所が「海」のように陥凹していることから名づけられたといわれています。

 

 

 

小海の効果効能は、ココを太い神経(尺骨神経)が走っているので、前腕内側の痛みやコリに効果を発揮します。

また、尺骨神経麻痺、尺骨神経痛、下腹部痛、頭痛、耳鳴などに奏効し、消化・吸収機能を高める作用があります。

その他、心臓疾患やヒステリーにも有効です。

 

 

 

 

小海を押す際には、反対側の親指の腹でツボを一押しで3~5秒くらいを目安に数分間断続的に指圧しながら、ゆっくりと肘を曲げ伸ばしすると効果的です。

もちろん家庭灸や温熱灸療法が効果的です。

 

 

 

 

 

 

小海は、同音・異字・異穴で少海と照海があります。

これらのツボについては、また後日触れますので、その時までお待ちください。

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

前へ
メールでのお問い合わせはこちら