2014.11.27更新

こんばんは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です(-ω-)

 

昨日までの雨と打って変って今日は小春日和でした。

朝晩はすっかり寒くなりましたが今日のような暖かい日は休憩時間を利用して外で新鮮な空気を吸いに出かけてみるのはいかがでしょう?

良いリフレッシュになると思いますが、その際は防寒対策をお忘れなく。

 

本日ご紹介するツボは「大杼(だいじょ)です。

 

大杼の位置

 

大杼は、以前紹介した大椎の斜め下にあるツボです。

正確には、第1胸椎棘突起下縁と同じ高さで後正中線の外側1寸5分に位置します。

1寸5分は親指の幅1本半分にになりますので背骨から親指1本半分外側に取ります。

 

大杼は、肩や首の凝りの他、発熱、咳、頭痛、喉の痛みなどの風邪の諸症状や眩暈に有効なツボとされています。

 

また、八会穴の1つで骨会として東洋医学では骨の病にも用いるツボです。

背部にあるツボですが、自分でも触れることができるツボですのでちょっと肩が凝ったときなどに意識して押してみてください☆

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2014.11.26更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です(-ω-)

 

昨日、今日と朝から雨が降り続き寒い日が続いています。

寒い日は、どうしても身体が縮こまり硬くなりやすいので、自宅の中でも出来るストレッチや軽い筋トレなどで少しでも身体を動かして、これから本格的になる寒さに負けない身体を作りましょう!!

 

さて、本日ご紹介するツボは「肩髃(けんぐう)です。

肩髃の位置

肩髃は肩峰と上腕骨頭の間で、肩関節の前側のくぼみにとります。

わかりづらい場合は腕を水平に上げると、肩関節のくぼみができます。このくぼみは前と後の2つが現れますので、前側のくぼみにとるのが肩髃になります。

 

肩髃はむちうち症を伴う肩のコリと痛みを和らげてくれ、肩の三角筋の痛みも和らげます。さらに、五十肩の痛みや肩こり、頚肩腕症候群(腕の痛みや痺れ)、リウマチにも有効になります。

また、肩髃は皮膚病にも効果があり、湿疹やじんましん、汗疹などのきわめて表層の皮膚病に対しても効果があります

 

肩髃の押し方としてはだるいような圧痛が出る程度に、5~7秒間押して離しします。
このような刺激を3~5分ほど左右両方の肩髃に行います。

押す前に蒸しタオルで温めるとより効果的です。

 

普段の生活の中で、肩に違和感を感じたり、腕を上げにくいと感じた時にぜひ活用してみてください☆

症状がツライ時には我慢せず是非、当院へお越しください。施術や鍼で症状の改善に努めます!!

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2014.11.21更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です(-ω-)

 

8年ぶりに開催された日米野球も昨日で終わりましたが、日本代表の活躍がめだった試合が多かったように思えます。

次回のWBC開催までは時間がありますが、期待ができそうな気がします。

 

 

さて、昨日は午後から雨が降り続け肌寒い1日となりました。

気温が寒くなると、自然と身体を縮めて歩いてしまいがちですが、その姿勢が肩凝りの原因となることがあります。

身体を縮めて歩くと背中が丸まり肩の周りの筋肉が常に張っていることになりその状態が続くことにより、肩凝りを引き起こす原因になりかねません。

この時期に、胸を張って歩くというのは辛いかもしれませんが、なるべく意識して背中が丸くならないように気をつけましょう。

それでも、辛いという方はこのブログを参考にしてみてください。

 

本日ご紹介するツボは「天柱(てんちゅう)です。

天柱の位置

天柱は、首の後ろの髪の生え際、2本の太い筋の外側にあるくぼみに位置し押すと強い痛みを感じます。

「熱が出て、頭や首が痛むときは、天柱を治療して汗が出れば治る」
という一説もあるツボで、肩凝り以外にも頭・耳・鼻・目等、首から上のあらゆる症状に効果があります。
具体的には、頭部や首の凝り・疲れを取り、血液の循環、顔のむくみを良くします。

その他にもかすみ目・視力減退など。また、ここに鍼をすると鼻の通りがよくなり、鼻炎や花粉症にも用いられる重要なツボです。 

顔のむくみは、血行不良やアルコールの飲み過ぎなどに よる肝機能の低下が原因となって生じる症状です。

天柱には、肝機能の働きを促進する効果があり、刺激することにより、顔のむくみの解消にもなります。

 

こちらをご自分で押す際には3秒押してから離し、また3秒押すことを繰り返すようにします。

 

ここを押すことで、頭への血流が良くなるので、頭や目がさえてくるような感じがします。

 

また、蒸したタオルを天柱の回りに当て、首を温めることも大変効果のある方法ですのでぜひお試し下さい!!

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2014.11.18更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です(-ω-)

 

昨夜は、おうし座&しし座流星群が深夜に観測できましたが、ご覧になった方はいますでしょうか?

秋から冬にかけては空も澄んでいて観測しやすいことが多いですが、寒さも増していますので今後観測される際は防寒対策をしっかりして行ってください。

 

さて、本日ご紹介するツボは「肩井(けんせい)です。

 

肩井の位置

 

肩井は、下を向いたときに一番出っ張る首の骨(第7頸椎)と肩の先端(肩峰)を結んだ線の中点にあるツボです。

肩凝りに非常に効果的なツボで、その他にも五十肩、頸肩腕症候群、頭痛などにも使用するため首から肩にかけての症状に対する特効穴です。

また、腕の痛みや手の痺れなどにも使用するツボです。

肩井の場所というのは、筋肉が緊張し、凝縮しやすい場所とされています。
筋緊張は血行不良を引き起こし、血液の流れが悪くなれば、肩こりだけでなく頭痛の原因にもなることが良くあります。

普段意識せずに、この周辺を押したり叩いたりしている方もいるかと思いますが、意識せずに押すのと意識しながら押すのとでは効果が変わってきますので是非意識しながら押してみてください。

 

また、中々症状が改善されないという方はあきらめず当院へお越しください!!

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2014.11.12更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staff 須藤です(-ω-)

 

今日は朝から曇りがちな天気で肌寒さが強く感じられる1日ですね。外出の際は、風を通しにくいものや厚手のものを着て調節して風邪をひかないようご注意ください。

 

さて、今日からこちらでご紹介していくツボは多くの人が悩まされているであろう症状の1つ「肩こり」に対応したツボを紹介していきたいと思います。

本日のツボは「百会」です。

百会の位置

百会は頭にあるツボで、図でも説明している通り、耳たぶの上端を結んだ垂直線と正中線が十文字に交差するところ、または、耳たぶを前方に折り曲げその上端を結んだところに取穴をします。

その付近を触ると少し凹むような感覚のある場所がツボの位置になります。

 

名前の由来は多くの経絡が会合するところという意味で14経絡の督脈と膀胱経、三焦経、胆経が合流する(交会穴)になっています。また、足三里穴に勝るとも劣らないほど適応症が多く、多くの効果効能があることから名付けられたとも言われています。

 

百会は、全身の様々な症状に対して有効で、自律神経の働きを整え、血管の機能を正常化させる効果があります。
精神的な部分から体が緊張している場合、その緊張を解いてリラックスさせてくれる効果もあります。

肩こりの中でも精神疲労・眼精疲労から来る肩こり効果が期待できます。

その他の適応症として、脳血管障害やその後遺症である半身不随や言語障害、てんかんや自律神経失調症・不眠症などの神経・精神の症状から夜尿症、痔核、抜け毛に効果があるといわれています。

刺激は気持ちの良い程度にグっと押して離す、を繰り返すと効果的ですので、入浴中、髪を洗いながら押したり入浴後に柔らかくなった状態で押してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2014.11.01更新

こんにちは。3連休初日の今日は朝からぐずついた天気ですね。お出かけの方は雨にぬれて体を冷やさぬようお気を付け下さい。

 

本日、ご紹介するツボは肺兪(はいゆ)です。

 

肺兪

肺兪は、膀胱経に属するツボで背中にあるツボです。

肺経の背部兪穴で第2・第3胸椎の間から左右それぞれ指3本外側にあるツボです。

 

咳や気管支炎、花粉症、鼻炎といった呼吸器疾患の他に肩や背中の張りに使用するツボです。

小児喘息にも効果があります。

咳が中々止まらない時や肩周りがツライ時にここにホッカイロなどで温めると楽になります。

夜、寝るとき咳が止まらずツライ時や背中に張りを感じる時などお試しください。

当院でも、鍼やお灸で施術いたしますのでお困りの際はぜひご相談ください!!

 

昨日は、ハロウィンで仮装をしたりパーティで盛り上がった方も多いかと思います。

楽しい時は気付かなくても数日後に違和感や痛みを感じることがあります。特に今週は連休もあって遠出やついつい夜更かしをしてしまうこともおありかと思います。

週明け、身体がすっきりしない・重ダルいなどの不調を感じた時も是非当院へお越しください☆

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら