2015.05.22更新

こんばんは。SUN鍼灸整骨院Staff須藤です(-ω-)

 

今週も一週間お疲れ様でした。

昨夜は、雷雨がすごかったですが、日中は一週間を通して暑い日が続きました。

熱中症にならないよう、こまめな水分補給を心掛けましょう。

熱中症は運動時だけでなく自宅にいるときにも起こりうる症状ですので運動していないからとか室内にいるからと大丈夫だと安心せずに室内での作業時も気を付けてお過ごしください。

 

 

本日、ご紹介するツボは「人迎(じんげい)」です。

人迎の位置

人迎は、足の陽明胃経に属するツボです。

ツボの位置は扶突穴の外方1寸5分、総頚動脈拍動部にあります。

喉仏の位置から、2寸(指3本分)外側にずらすと脈の拍動を感じられる所がありますので、それを目安にして下さい。

 

喉にあるツボという事で、主に胸満喘息(※胸満:胸がいっぱいな状態)、咽喉腫痛、頚部リンパ結核、甲状腺腫、嚥下困難など咽頭や呼吸に関する疾患に使用されることが多いツボです。

 

また、ここに刺鍼することにより一時的ではありますが、血圧が下がるという効果があることがわかっています。

というのも、頚動脈洞には血圧を感知する圧力受容装置があり、ここに圧力をかけるとその刺激が迷走神経の反射を発生させ、心機能が抑制されて徐脈(60回未満/1分間)となり血圧が低下します。

しかしながら、ご自宅でここを強く刺激するのは危険を伴いますので(柔道の絞め技などはここを圧迫することによりオトす)、強い刺激で抑えたりするのはお気を付け下さい。

 

 

 

ご家庭で刺激を加えるのであれば、苦しくない程度に圧迫したり家庭灸などで温めるようにして下さい。

舞台出演や喉を使うなどの予定があるという方は、当院へお越しいただき鍼の施術を受けるのをおすすめ致します。

 

 

 

 

 

それでは、また次回☆

ばいバイクbicycle

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2015.05.08更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staff須藤です(-ω-)

 

ゴールデンウィークも天候が良い日が続き、渋滞や混雑はあったもののお出かけされた方はいい休日をすごせたのではないでしょうか?

連休明けは、昨日・今日でまた週末となりますが、週明けからすっきり仕事に臨めるように目覚めに効くツボをご紹介したいと思います。

 

本日ご紹介するツボは、「少衝(しょうしょう)」です。

少衝の位置

 

少衝は小指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分に取ります。

小指の爪の生え際から、薬指側の端から2ミリ~3ミリほど離れた所にあるのがこの少衝です。

 

「少」は少陰心経の少で、「衝」は突然、急という意味があります。

少衝穴は心経の井木穴で、「心下満を主る」とされています。

 

 

心下満(しんかまん)とは心下部あるいは中脘における膨満感や不快感を指す東洋医学の言葉で、簡単に言うと、鳩尾から脇にかけて張ってる感じの事です。

心下満には、井穴を使うという記述が、鍼灸の古典である難經という本に書かれています。

 

そういったことから、この少衝が心下満に対して効果が期待できるのです。

 

 

少衝は、前回・前々回に紹介した少沢や商陽と同じように、眠気覚ましにも効果のあるツボです。

ここを刺激することによって、エネルギーがあふれてくると言われています。

また、薬指は心臓からの神経が通っているので、ここを刺激すると自律神経が調節され、リラックスできるといわれています。

そのため、今回紹介している眠気が覚めるとは逆になってしまいますが、夜寝つけない時に押すことによって眠りにつきやすいという効果があります。

 

 

刺激方法としては、小指の爪の生え際を、反対の人差し指と親指で左右からつまんでグリグリと揉むようにしてください。

また、薬局などで販売している家庭灸を使うのもじんわりと温める事が出来、良い効果が得られます。

 

当院でももちろん、鍼やお灸での施術も行っていますので、スッキリしないという方、ストレスや不安が募り中々寝付けないといった症状でお悩みの方はぜひお試しください。

 

 

 

 

それでは、また次回☆

ばいバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2015.05.03更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です(-ω-)

 

1日に行われた日本人ボクサーの試合は3試合とも目が覚めるようなKO勝利で幕を閉じ、久々に観ていて楽しめるそんなボクシングでした。

そして、本日今世紀最高の試合といわれるフロイドメイウェザーVSマニー・パッキャオの一戦が行われようとしています。

ファイトマネーは2人あわせて300億越えとも言われるこの一戦TVの前でしっかりと観たいと思います。

 

さて、ボクシングの話はさておき、本日も眠たい時に効果的なツボをご紹介したいと思います。

 

本日、ご紹介するツボは「少沢(しょうたく)」です。

少沢の位置

少沢は手の太陽小腸経に属するツボで、小腸経の井金穴になります。

取穴は、小指尺側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分に取ります。

図のように小指の爪の外側に位置していますので図を参考に探してみてください。

 

 

 

少沢は目の使い過ぎなどで目がかすむときや頭と顔の諸症状に効くとされていて、頭の血行をよくしてくれるツボ胸苦しさ、肘の痛み、咳、頭から小腸経の線路上の首、肩の痛みに効果を発揮し、その他に冷えが原因での腹痛に効果的です。

目の充血の解消や風邪の高熱、頭痛、小児のひきつけさらに乳汁不足を解消して、母乳の出をよくするといわれています。

 

 

 

このツボを押す際には、爪楊枝の様な先の細いものでギュッと刺激を加えるか、反対の手で強めに押したり揉んだりすると効果が表れやすいでしょう。

 

 

前回ご紹介した商陽と同じく手にあるツボですので、仕事中や授業中など他の方の気づかれずに押すことが出来るツボですので、是非お試しください。

 

 

それでは、また次回☆

ばいバイク(^^)ノ

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら