2015.06.30更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です(-ω-)

 

6月も今日で終了。そして2015年も半分が過ぎようとしています。

今年の年頭にたてた目標は、達成できていますか?もしくは達成に近づけていますか?

もう半年経ってしまった。まだ、半年ある。感じ方は人それぞれですが、明日からの下半期また新たな気持ちで頑張っていきましょう。

 

 

本日ご紹介するツボは「孔最(こうさい)」です。

孔最の位置

 

孔最は、手の太陰肺経の6番目のツボで、同経の郄穴です。

郄穴とは、要穴の1つで主に急性疾患の治療に用いるツボです。

 

 

取穴は、前腕前外側、尺沢穴と太淵穴を結ぶ線上で、手関節掌側横紋の上方7寸に取ります。

掌を上に向けた状態で、肘窩横紋(肘を曲げて出来る線)の外端から指5本分ほど指先の方向にいったところにあります。

 

 

肺経に属していますので、やはり咳や喘息、喉の痛みの緩和、扁桃炎などの呼吸器疾患などに効果があります。

ツボの位置が前腕にありますので、肘の痛みなどにも効果があります。

 

 

 

孔最を押す際は反対側の親指の腹でゆっくりと揉み解すような感じで押すようにして下さい。

このツボを軽く圧しただけでズキンとした反応があらわれる方は特にその痛みが軽減するように1~2分刺激するようにして下さい。

喉などの上気道部に異常がある時は、喉がスッキリしてきます。


もちろん家庭灸や温熱灸療法が効果的です。

爪楊枝を鍼に見立ててリズミカルな刺激を与えるのも効果的です。

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

 

ばいバイク~bicycle

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2015.06.26更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staff須藤です。

今日は、午後から雨が降り続いていますね。今週末はあまり天侯が良くないようですので、お出かけの際は身体が冷えないようにお気を付け下さい。

雨で身体の熱が奪われないよう、折り畳み傘などを用意しておくと急な雨にも対応が可能ですよ。」

 

本日、ご紹介するツボは「尺沢(しゃくたく)」です。

尺沢の位置

 

尺沢は、手の太陰肺経に属するツボで、肺経の合水穴になっており、肘窩横紋上、上腕二頭筋腱の橈側で左右の腕橈骨筋に取穴します。

肘を曲げた時に出来る横じわの上で触れる太い筋(腱)の外側がツボの位置になります。

 

 

 

 尺沢は、主に咳を抑えるツボとして使用し、咳嗽、鼻水、気管支炎をはじめとした呼吸器疾患に多く用います

特に、風邪が治ったのに咳だけが中々抜けない時に使うと効果てきめんです!!

 

 

その他、ひじの痛みを治す際にも使う重要なツボです。テニスや野球ひじの治療や、関節リウマチなどの治療によく用いらます。特に上腕から前腕にかけての痛みやしびれにも効果があります。

 

 

 

ご自分で押す時には、少し強めに5秒ほど押して5秒ほど間を空けてまた押すというのを3~5回ほど繰り返しましょう。

押すと、痛みを感じやすいポイントですので無理のない強さで、押すことをお勧めします。

 

 

それでは、また次回(^^)

ばいバイクbicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2015.06.23更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staff須藤です(-ω-)

 

昨日は、24節季の夏至でした。これから、だんだん夏本番へと向かっていきますが都内はまだ梅雨空が続いています。

今日もこの後、雨が強く降ると予想されていますので、お出かけの際はお気を付け下さい。

 

 

本日、ご紹介するツボは「侠白(きょうはく)」です

侠白の位置

侠白は、上腕部にあり、腋窩横紋前端から尺沢穴に向かい下4寸、尺沢穴の上5寸、上腕二頭筋の筋溝にとるにある手の太陰肺経のツボです。

上腕二頭筋の内側で肘関節から指5本分上にあるツボで、上腕部にあり、ほぼ力こぶの真ん中にあります。

先日、ご紹介した天府穴の親指1本分下になります。

 

 

肺経に属する他のツボと同様に咳や喘息などに効果のあるツボですが、呼吸器疾患の中でも吸気時の胸痛、突然の息苦しさなど対して特に優れた効果を発揮します。

また、上腕部にあるツボですので、頚肩部の筋緊張や腕神経痛、麻痺・五十肩、肋間神経痛、上腕二頭筋長頭腱鞘炎、母指の腱鞘炎などにも効果があります。

 

 

ご自身で押す時は、反対側の親指で上腕骨に向かって、腹式呼吸を行いながら押すようにして下さい。

左右それぞれ5~6回ずつ刺激するとだんだんと楽になってきます。

 

 

 

 

 

首から腕にかけての痛みや痺れ、ダルさの症状(頸肩腕症候群)は、薄着やエアコンなどの冷えによるものから発生することも多々あります。

首周りを冷やさない・・長袖を着用するなど冷えに注意した上で、このツボを刺激すると不快な症状が和らぎます。

暑いからといって薄着しすぎたり、エアコンの温度を下げ過ぎることなどないように上手く体温調節を行いましょう。

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)

ばいバイク~bicycle

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2015.06.18更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です(-ω-)

 

今週は、雨が降ったりやんだりと梅雨空が続いていますが、体調は崩されていませんか?

来院されている患者様の中には天気の影響からか身体が重い、頭痛がするなどといった症状を訴えている方もいますのでそういった症状でお悩みの方はぜひご来院下さい。

 

 

本日ご紹介するツボは、「天府(てんぷ)」です。

天府の位置

天府は、手の太陰肺経の3番目の穴で上腕前外側、上腕二頭筋外側縁、腋下横紋前端から尺沢穴に向かって下方3寸、三角筋と上腕二頭筋のあいだのくぼみ。脈動を感じるところに取穴します。

肘窩横門とは、脇にできるしわのことです。

この脇の下に出来る線から肘の線までを9寸となっていますので、天府は脇に出来た線から3寸(指4本分)下がったところにあるツボとなります。

また、簡単な探し方として腕を伸ばした状態で、腕を顔に近づけていき鼻に触れた場所で取るという方法もあります。

 

肺経に属しているツボなので、肺疾患(咳・喘息・喉の痛み)に使う事もありますが、主に使うのは上腕神経痛や五十肩の治療に使うことが多いツボです。

 

 

 

ご自分で押す場合には、反対側の指で3秒ほど押した後ゆっくりと手を離していくことを数回繰り返すことによって、上肢のだるさや痛みが軽減していくのが感じられると思います。

ご自分で押しても中々効果が得られないという方は、当院で鍼治療を受けてみることを押すすめいたします。

 

 

それでは、また次回☆

ばいバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2015.06.13更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です。

 

前回の記事から、ある症状に特化してご紹介するのではなく、流注(経絡の流れ)にそって紹介していくことにいたしました。

内容には、変更がありませんので今後ともご覧いただければと思います。

また、以前ご紹介したツボを再度紹介する事もあると思いますがご了承ください。

 

 

本日、ご紹介するツボは「雲門(うんもん)」です。

 

雲門の位置

 

雲門は、手の太陰肺経に属するツボです。

鎖骨下窩にあり、烏口突起の内縁、動脈拍動部に取穴します。

前回紹介した中府の1寸上にあるツボになります。

 

雲とは霧のことで、門は出入りする処で肺気が初めて出てくる門のことを指し、東洋医学で肺は気を主るので、上焦(肺)にあり、中焦より立ちのぼった気が天気と交わって、手の太陰の脈気として出発する所で、出発点に滋養物を含んだ雲霧状の気が十二経脈を循り全身にくまなく栄養を与えるという意味になります。

 

 

雲門は中府同様に肩に近いツボですので、四十肩・五十肩解消に効果があります。

胸痛、上肢拳上障害に効果がありますので、肩の動きを良くし、腕の上げ下げを楽にしてくれます

また肺経に属するツボですので肺や気管支などの異常のサインが出やすいツボですので

喘息や喉の痛み、頑固な咳風邪、花粉症に対しても効果が見込めます。

 

 

こちらを押す際は、ゆっくり気持ちの良い程度の強さでで揉みほぐし5~6秒ほど圧し、ゆっくり手を離すと良いでしょう。

じっくり長めに押すとより効果的です。

押す際には、親指よりも人差し指・中指・薬指の3指を使った方が心地よい刺激を与えられるでしょう。

 

また、こちらも直下に肺があるので禁鍼穴なので、お灸で温めるのがおススメです。

 

 

 

それでは、また次回(^^)

ばいバイク~

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2015.06.11更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です(-ω-)

 

今週の初めに関東地方も梅雨入りが宣言されジメジメした天気が続いています。

汗をかきやすい時期にもなってきましたので、こまめな水分補給と汗の始末をしっかり行いましょう。

 

 

本日ご紹介するツボは「中府(ちゅうふ)」です。

中府の位置

 

中府は手の太陰肺経に属するツボで同経の募穴になります。

取穴は、前胸第2肋間の高さ、鎖骨下窩の外側、前正中線(華蓋穴※)の外方6寸にとります。

 

鎖骨の下が第1肋間ですので、もう一つ肋間を超えた次の肋間が第2肋間で、その第2肋間を指で外側に向けてさすると腕の付け根にぶつかりますがその少し前に中府はあります。

中府を軽く押しただけでも圧痛があるので探しやすいかと思います。

 

 

 

中府の「中」は当たるの意、「府」は集まるという意味。

肺経に属し、その募穴であることから、肺経の気が集まるところのツボという意味を持ちます

東洋医学において肺は呼吸機能をつかさどっているので肺経に属するツボは呼吸機能を高めたり、呼吸器症状を軽減したりする効果があります。

中府は募穴ということでその効果がより得られます。

呼吸器に効果がるツボですので喘息など咳を治め、呼吸を楽にし、また、風邪の予防にも効果があります。

 

 

五十肩、胸郭出口症候群(小胸筋(過外転)症候群)などに用いることもあるので肩こりや上肢の痛みにも効果を発揮します。

最近、話題になったスマホ巻き肩などにも効果があると思われます。

 

 

さらに大胸筋のリンパの流れも良くしてくれますので乳房の張り、バストアップ、乳腺炎にも効果があるツボです。

 

ご自分で揉む時は、親指を抜かした4本の指の腹で左右それぞれ5~7回程度揉むように指圧しましょう。

強く揉んだりすると痛みを感じますので、軽くこねるように揉んだり、押したりする事で呼吸器の症状を楽にしていきます。


バストアップ目的ですと、このツボのあたりを8の字を描くようにマッサージするといいです。

胸や腕に痛みのある場合はこのツボを押しながら腕を回すようにしましょう。

 

 

このツボのすぐ下に肺がある為、鍼よりもお灸で温める事をおすすめ致します。

鍼も出来なくはないのですが、刺鍼時に深く刺したり置鍼時に身体が動いてしまうと肺に刺さってしまい気胸になる恐れがあるためです。

 

 

それでは、また次回

ばいバイク~

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2015.06.01更新

こんばんは。SUN鍼灸整骨院Staffの須藤です。

 

今日から6月。梅雨入り前ですが夏の様な暑さが続いております。

暑さで体調を崩されてはいませんか?今週末から来週にかけて関東地方の梅雨入りが予想されていますが、蒸し暑くなり汗をかく量も増えてきますので、汗の後始末などもしっかり対策をして少しでも不快指数があがらないようにしましょう。

 

本日、ご紹介するツボは「気舎(きしゃ)」です。

気舎の位置

気舎は、陽明胃経に属するツボで、図の通り頚部にあるツボです。

鎖骨の内端の上際のクボミにあるツボで、喉仏の下の胸の骨のクボミから左右指幅2本分横で探してみてください。

 

 

人迎と同じように喉元にあるツボですので、喉の痛みや腫れ、咳、いがらっぽさに有効です。

その他、胃のむかつきや吐き気に効果的で特に妊婦さんはこみ上げる吐き気が静まるので、悪阻(つわり)が酷い時に有効です。

さらに、他にも、しゃっくりを沈めたり、寝違え解消や首から肩にかけてのコリにも有効といわれています。

 

 

 

刺激の方法としては、左右の頚にあるツボですので片方ずつ、ゆっくりと息を吐きながら、苦しくならないようなやや弱めの力加減で3~5秒押すようにして下さい

これを、5、6回繰り返すとやる前と比べて声の調子が整ったり、頚の緊張が解消されているのが実感できるはずです!!

 

 

 

6月に入り、雨の日も増えてくると思われます。

気温の安定しない日も多くなりますので、体調管理や食中毒に気を付けて梅雨を乗り切りましょう。

 

 

それでは、また次回☆

ばいバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら