2017.06.24更新

6月最後の週末いかがお過ごしでしょうか?

昨日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの奥様である小林麻央さんがお亡くなりになったと訃報が入りました。

乳がんであることを公表し、ブログ等で闘病生活を綴って、同じような病気の人の励みにもなっていたはずでしょうし、ご本人もご子息の宙乗りの舞台を直前にしてのご逝去。心残りだったでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは、内庭(ないてい)です。

 

内庭

 

内庭は、足の陽明胃経の第44番目のツボで胃経の榮水穴になります。

 

ツボの位置は、足背、第2・第3足趾間、みずかきの後縁、赤白肉際に取ります。

足の人差し指と中指の間の付け根の人差し指側の骨側にあるツボですので、探しやすいかと思います。

 

 

 

 

内庭の名前の由来は、「内」という字は深部を、「庭」は居住地という意味があります。内庭穴は遠く離れた頭部、心、腹部などの疾患をなおし、病気が浅い「表」よりも進行した「内」「裏」にある病態に効果があることからこの名前が付けられました。

 

 

 

 

 

内庭の効果効能は、乗り物酔いしやすい方にオススメのツボです。

事前に刺激しておくのもいいのですが、乗っている最中にちょっと酔い始めたかな?と感じたら、ここを刺激したり、タバコ灸(火をつけたタバコをツボに近づける。※決して、皮膚に直接つけてはいけません。大火傷をします。ダチョウ倶楽部のようなフリではありません。危険ですから絶対に直接身体につけないでください)でツボを温めると酔いが和らぎます。

二日酔いにも是非刺激して見てください。

また、いびき止めのツボでもあります。夜中のいびきが気になる方や、パートナーの方のいびきが気になる方は、寝る前に押してあげてみてください。

(こちらも、相手が寝ている時に押さないようしてください。例え喧嘩になっても当院では責任を負いかねます。)

そして、胃熱を引く作用や鎮痛作用があるツボで、胃痛、食あたりなどの症状にも効果があります。

更に歯痛にも効果テキメンですので、歯痛でお悩みの方は、お試しください。

 

 

 

 

内庭を押す際は、親指と人差し指でつまんで、ほぐす感じでよくもみます。

歯痛がある場合その痛みがある側の足のツボに激痛を感じる場合もあるかもしれません。

また前述した通り、タバコ灸で近づけて・・遠ざけて・・をやるようにすると効果があります。

またつまようじの尖っていない方でやや強めに5分程度強く押したり、力を抜いたりするのもおススメです。

つまようじは1本で押すと痛みを感じやすいですが、束になればなるほど痛点への痛みが軽減しますので症状の度合いに合わせて本数を増やしてやってみて下さい。

 

 

記事の中で紹介したタバコ灸ですが、当院ではスタッフが全員禁煙者の為、実施しておりません。

その他、温灸等は対応していますので、ご興味のある方はスタッフまでお声がけください。

 

ご自宅でやる場合には、線香に火をつけ、近づけて温めるのが良いでしょう。

 

 

 

上記しましたが、決して身体に直接つけないようご注意ください。

 

ヨ・ロ・シ・ク!!

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2017.06.16更新

こんにちは。

プロ野球交流戦、いよいよ3試合。昨日の時点で首位は広島。昨年、セ・リーグを制した勢いは未だ健在のようです。

サッカー日本代表、先日行われたW杯最終予選イラン戦。私たちも仕事後に近くのお店で、応援しましたが結果は引き分け・・・

しかし、次のオーストラリア戦(8月31日)で勝つと6大会連続6回目の本選出場が決まるとの事!!

一度も予選で勝ったことが無い相手ですが、日本代表の熱い戦いに期待しましょう!!

 

 

本日ご紹介するツボは、「陥谷(かんこく)」です。

 陥谷

 

陥谷は、足の陽明胃経の43番目のツボで胃経の兪木穴になります。

 

ツボの位置は、足背、第2・第3中足骨間、第2中足指節関節の近位陥凹部に位置します。

足の甲側で人差し指と中指の骨の結合部の前の陥凹したところにありますので、指と指の間を撫で上げると触れられると思います。

 

 

ツボの名前の由来は、陥谷」の「陥」は凹みという意味で、「谷」には谷間という意味があります。足背部で、骨のすき間にあり、腱と腱に挟まれた陥凹が谷に似ていることがこの名前をつけられました。

 

 

陥谷の効果効能は、食あたりや腹痛を軽減する作用があります。

また、顔や目の腫れに効果もありますglitter

血液の液体成分(血漿など)が血管の外へ滲み出し、むくんだ状態が肺、陰嚢、関節そしてリンパなどに起こる病気を『水腫』と言いますが、ここを刺激する事により水取への効果が期待されます。

もちろん足のむくみにも効果があります。

 

そして、加齢やコンタクトレンズの頻度の高い長期間(10年以上)に渡る使用、アルコールの過剰摂取、動眼神経麻痺・重症筋無力症などの病気により、“まぶたが垂れる”(下がる)現象が起こります。(眼瞼下垂)

このツボはそんな方にも効果を発揮します。

さらに、乳腺炎にも効果があると言われていますので、詰まりが酷くて痛い方は是非刺激してみて下さい!

 

 

 

陥谷を押す際は、腹痛や食あたりが主訴の場合は、片膝を立てて座り、人差し指を立てるようにして、1,2,3で息を吐きながら力を入れ、4,5,6で息を吸いながら力を抜きます。

片方の足を5~6回繰り返したら、もう片方の足にも行います

 

家庭灸などを用いる場合は、息を吐いたところで近づけ、3呼吸して、息を吸い込んだところで離します。

3呼吸くらい間をおいて3回繰り返します。

ほんのりと熱さを感じる程度にやってみてください。

 

 

 

関東地方の梅雨入りrainが宣言されましたが、空梅雨なのか、あまり雨が降っていません。

通勤・通学の時にはありがたいですが、この状態が続くと水不足が心配になってきます。

一番いいのは、夜中に降って、日中は晴れているというのが理想的なのですが、中々そううまい話もありませんよね・・・(笑)

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイセコーbicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2017.06.02更新

本能寺の変・・・・本能寺の変・・・・本能寺の変・・・

リズミカルに踊りながら、歴史上の事柄を紹介する二人組をご覧になったことがある方も多いかと思います。

旧暦の6月2日は、本能寺の変が起こった日です。

未だに、明智光秀が主君織田信長を討った理由もわからず、黒幕がいるのでは?など様々な説があり全容が解明されていない戦国最大のミステリーと言われています。いつか、この謎が解明される日はくるのでしょうか?

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「衝陽(しょうよう)」です。

衝陽

 

衝陽は、足の陽明胃経の42番目のツボで胃経の原穴になります。

 

取穴部位は、足背、第2中足骨底部と中間楔状骨の間、足背動脈拍動部に取ります。

足の甲の半ばあたりで、親指から数えて2番目と3番目の指の間の線上にあるツボになります。

 

 

 

名前の由来は、「衝」という字は動き、要衝という意味があります。衝陽穴を触ると脈が大きく拍動するため、胃経はこの経穴から本経に向かって動き出すと考えられたことがツボの名前の由来となっています。

 

 

 

 

衝陽のツボの効果効能は、夏の胃の疲れや心因性の食欲不振に効果的です!!

胃潰瘍の進行を初期症状で抑え、悪化を防いでくれます。また、神経が衰弱している状態や顔面神経麻痺にも効果があります。

お腹が張る、吐き気、胃の痛みなどの症状を軽減させ、また、足の疲れや麻痺、低血圧や虚弱体質、アレルギー体質の改善にも効果的です。

他にも、眼精疲労、歯痛、発熱、肌荒れなどの時も刺激してみてください。

 

 

 

 

衝陽を押す際には、足の甲をもち親指でもみほぐすように押していきます。

5分強目安または症状が強い場合には10分くらいを目安に押すようにして下さい。

 

もちろん、当院で取り扱っているパイオネックス(貼る鍼)をツボの位置に、貼っていただいても効果があります。

 

 

 

 

5月なのにすでに、夏日を何回か観測したりしましたが、これから梅雨を迎えることになります。

ジメジメして蒸し暑く、食欲も落ちてきやすくなります。

だからと言って、素麵や冷やし中華など、冷たい麵ばかり食べていると、胃が冷やされ益々夏バテしやすくなりますので、少量でも構わないのでご飯などをしっかりと召し上がるようにして暑さに負けないようにしましょう!!

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら