2017.12.15更新

先日、今年の漢字が発表されました。

 

「北」

 

北朝鮮によるミサイル発射などが選ばれた要因ですが、良くないことが選ばれるのはあまりいい気分にはならないですね。

来年は、明るい話題の漢字が選ばれるといいなと思います。

 

 

本日、ご紹介するツボは天渓(てんけい)です。

 

 天渓

 

天渓は、足の太陰脾経の18番目のツボです。

 

ツボの取穴部位は、前胸部、第4肋間、前正中線の外方6寸に取ります。

バストと胸部の境目、バージスライン(乳房の輪郭線)のわきで、乳首の高さに位置し、(乳頭から指3本(約6cm)外側、第4肋間に)骨と骨の間にあるので押すと軽く痛みがあります。

 

 

 

 

天渓の効果効能は、バストアップです。

その他にも、肌の乾燥、肌荒れ、また、目尻の小じわや目の周りたるみにもオススメの美容ツボですが、1番は先に述べたようにバストアップ効果が期待できます。

特に、乳腺を発達させるのに効果的です。

 

 

 

 

天渓を刺激する際は、左右のバストを持ち上げるようにして(女性の場合)、親指で内側に向かって押していきます。

左右のツボを同時に、ゆっくり押すことがポイントです!!

息を吐きながら10回を目安に行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

気づけば、12月も残り半分。

あっという間に、新年を迎えることになりそうです。

大掃除を進めている方も多いかと思いますが、計画的に進めて、きれいな家で新年を迎えましょう!!

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2017.12.11更新

乾燥対策していますか?

冬は、空気も乾燥していますし、室内も暖房器具を使うことで、乾燥しています。

先日、ついうっかり、エアコンをつけたまま寝てしまい、もう10日以上、声が本調子ではありません・・・

やってしまった直後から数日はほとんど声も出ず、まるで、元プロレスラーの天龍源一郎さんのような感じでした汗

皆さんも十分気を付けてください。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは、「食竇 (しょくとく)」です。

 

食竇  

 

食竇は、足の太陰脾経の17番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、前胸部、第5肋間、前正中線の外方6寸に取ります。

乳頭直下の外側約5センチの所にあります。

 

 

 

食竇の名前の由来は、「食」は食べ物、「竇」は穴、空間という意味があります。すなわち、食竇とは食道のことを指しておりこの名前がつけられました。

 

 

 

 

食竇の効果効能は、胸部痛、肋間神経痛、肝臓肥大、腹部膨満に効果があります。

 

また、育児中の方で乳腺炎や乳汁不足でお悩みの方にも有効です。

 

 

 

 

食竇を押す際には、親指もしくは人差し指と中指の腹を添えてゆっくり呼吸に合わせて押して、静止する。


その後、またゆっくり離していきます。

 

これを繰り返し、5~10回程繰り返します。 

 

の他、家庭灸や温熱灸療法が効果的です。

 

 

 

御来院されている患者様の話を聞くと、忘年会が数件続く方、年末は予定がつかず新年会に先延ばしになる方が結構いらっしゃいます。

普段に比べ、お酒を飲む機会が増え、知らず知らず肝臓にダメージを与えている方も少なくないかと思います。

アルコールが最初の攻撃する内臓器官は「肝臓」。脂肪組織が異常に肝臓の細胞に浸透するので肝臓肥大を引き起こすのです!

次に訪れる危機は肝臓肥大からアルコール肝炎へと進み炎症を起こし、肝臓の機能が停止。

最後には肝臓に繊維状の瘢痕組織が現れそれが原因で血液循環が妨害される『肝硬変』へと進行します!!

 

 

肝臓は手術で切除しても再生する能力を持っていますが、それでもやはり健康体でいたいものです。

今までは、大丈夫でも今後どうなるかはわかりません。

自分は、大丈夫だと過信することなく、健康に留意し忘年会、正月、新年会など楽しんでください!!

 

 

飲み過ぎは、禁物ですよ!!

 

 

ヨ・ロ・シ・ク!!

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2017.12.04更新

今年も残すところあと1か月となりました。

今年の年頭にたてた目標をいくつ達成出来ましたか?

まだ、達成できていないものが、ある方は、この1カ月でなんとか達成できるよう最後まで頑張りましょう!!

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「腹哀(ふくあい)」です。

 

腹哀

 

腹哀は、足の太陰脾経の16番目のツボになります。

ツボの位置は、上腹部、臍中央の上方3寸、前正中線の外方4寸に取ります。

乳首からまっすぐおろした線上で、肋骨の下へり、前回紹介いたしました大横の上3寸のところにあります。

大横から上に線を上げていくと肋骨とぶつかりますが、その部分です。

 

 

腹哀の名前の由来は、「哀」は鳴く、泣くの意味があり、この経穴が府首に在り腹痛や便秘などの症状の時にお腹が悲鳴を上げて泣いているように聞こえることからこの名前がつけられました。

 

 

 

腹哀の効果効能は、特に腹痛や腹鳴に有効です。

 

また、消化不良や下痢、便秘などの腸の不調全般のほか胆石の痛みの改善等にも効果的で、肝臓肥大には右腹哀のツボ、胃けいれんには左腹哀のツボなどとも言われます。


更に、ニキビにも効果を発揮します。

 

 

 

腹哀を刺激する際は、人差し指と中指の腹を添えて、ゆっくり押し込み、若干痛いかなという所までいったら押し込むのを止めて、そのまま30秒間静止します。


肋骨の下に指を差し入れるようにすると良いでしょう。


そして、力を緩めるのですが、この時、指はお腹から離さない様にして10秒間そのままの状態でキープして下さい。




これを1セットとして、3セット行います。

 

 

 

 

 

 

腹哀は、禁灸穴となっていますので、今回は家庭灸は行わない様にしてください。

 

 

 

1年の締めくくりということで、仕事の忙しさが増したり、忘年会がちらほらと入ってきたりで最近胃腸の調子があまり良くなかったり、気付いたらリビングで寝ていたり、精神的苦痛もあったり・・・

こんな症状に悩まされたり、慢性的に食欲不振や消化不良がある方は、日頃からこのツボの刺激を!!

 

 

 

12月に入り、朝晩の寒さも増してきたように感じます。

風邪などひかぬようご注意ください。

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら