2018.02.28更新

連日、日本人選手の活躍が報道された平昌オリンピックも閉幕しました。

男子モーグル史上初のメダル獲得や女子カーリング選手のメダル獲得やモグモグタイム(´~`)モグモグ、女子スピードスケートの高木姉妹の活躍や小平選手の活躍、66年ぶりの男子フィギュアスケートの連覇などもあり、過去最高と言われていた長野オリンピックの時の獲得メダル数を更新したそうです。

オリンピックに出場するだけでも大変な事なのに、そこでさらにメダルを獲得するなんてstar

選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「通里(つうり)」です。

 

通里

 

通里は、手の少陰心経の5番目のツボで、同経の絡穴になります。

 

ツボの取穴部位は、前腕前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節横紋の上方1寸に取ります。

 

 

ツボの名前の由来は、「通」は通過する、通るの意味で、「里」は人や気が集まるところの意味です。

通里は、上記したように手の少陰心経の別枝が出る「絡穴」になりますので、手の太陽小腸経が分かれ出るところです。ここから経気が表裏二経を通じさせているということでこの名がついたといわれています。

 

 

 

通里の効果効能は、心臓病、心窩部痛に効果を発揮します。
また、不眠、ヒステリー、癇癪などの精神的な不調、めまい、咽頭腫痛、前腕痛、手指のけいれんなどにも効果があります。

 

 

通里を押す際には、ゆっくり息を吐きながら5秒ほど押し、息をゆっくり吸いながら5秒ほどかけて指の力を抜いてください。これを5~10回を目安に繰り返してください。

 

 

 

 

オリンピックが終わるとどうしても一段落してしまうことが多いですが、来月からはパラリンピックが開催されます。

オリンピックの競技から形を変えたり、補助具を使ったり、参加人数が違ったりとまた違った楽しみ方がありますので、是非ご覧ください!!

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイセコーbicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.02.15更新

昨日は、バレンタインデーでした。

某SNSの企業アカウントでは、「今日は普通の水曜日です」と呟いていたり、某高級チョコレートメーカーでも義理チョコはやめようと言っていたり、以前に比べて男性が職場や学校で(義理)チョコを貰える機会は減っているようです。

そういった世の中の流れに反して、ありがたいことに昨日ご来院頂いた患者様数名にチョコをいただく事が出来ました。ただただ、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

 

 

本日、ご紹介するツボは「霊道(れいどう)」です。

 

 霊道

 

 

霊道は、手の少陰心経の4番目のツボで、同経の経金穴になります。

 

ツボの取穴部位は、前腕前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節横紋の上方1寸5分に取ります。

 

 

 

ツボの名前の由来は、「霊」は精神、心を意味しており、「道」は通路を指します。霊道穴は心の機能をよく現し、精神疾患や心臓病などを治すことからこの名がついたといわれています。

 

 

 

霊道の効果効能は、ココロの臓の異常を正すのに役立つ重要なツボです。


精神的に不安定で泣きわめいてしまうヒステリー症状、心身症、不眠症、尺骨神経麻痺のほか、動悸、咳、腕の神経痛にも効果を発揮します。


更に、手や腕の痺れ、蕁麻疹やリウマチの症状を和らげてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

霊道を押す際には、手首をつかむようにして、親指の先で左右各7~8回ほどじっくりと、スジの下に指先を押し込むようなつもりで押し揉みをしましょう。


これを1日1~2回ほど行うようにしましょう。

 

もちろん家庭灸や温熱灸療法、パイオネックス(貼る鍼)を用いるのも有効です。

 

 

 

 

 

 

 

ストレスと言っても精神的ストレスと身体的ストレスとに大別され、また何がその人にとってストレスになっているかは、わかりづらいことも多々あります。

自分にとっては、些細な事でもその人にとっては辛く思えるかもしれませんし、ふさぎ込んでしまうこともあるかもしれません。

だからと言って、過度に干渉し過ぎたり、逆に干渉しなさすぎたりというのは、お互いにとって新たなストレスを生む恐れがあります。

 

休日に、時間を気にせず寝る、思いっきり身体を動かす、旅行に行く、前から欲しかったものを購入する、映画や観劇に行って心から笑ったり涙するなどなど人によってストレスの解消法は様々あると思います。

人は誰しも、ストレスは持っていますが、それとどう付き合っていくかというのも大事ですが、今日ご紹介した霊道を押してみたり病院などで診察していただくのもありかと思います。

 

 

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.02.07更新

1月は行く、2月は逃げる…

年が明けたと思ったら、2月も1週間が経ちました。

日々、1日が過ぎるのが早いなぁと感じております。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは、「少海(しょうかい)」です。

 

少海

 

少海は、手の少陰心経の第3番目のツボで、同経の合水穴になります。

 

 

ツボの取穴部位は、肘前内側、上腕骨内側上顆の前縁、肘窩横紋と同じ高さに取ります。

 

 

 

 

ツボの名前の由来は、「少」は手の少陰心経の少のことで、「海」にはすべての流れが集まり帰するところという意味があります。少海穴は治療対象が広く心経以外の経絡にもおよび、扱う症状も多岐にわたるためこの名がつけられたと言われています。

 

 

 

 

 

少海の効果効能は、頸肩腕症候群などによる腕の痛みや痺れ、肩こりに有効です。

 

また、古くから耳鳴りに良く効くツボとして知られています。


他にも、目の充血にも効果を発揮し、それ以外にも脇を伸ばす動作を楽にして、肋骨の働きを良くする事により、肺機能を高めます


心経に属するツボですので、心臓疾患にも効果を発揮します。

 

 

 

 

 

少海を押す際は、反対側の親指の腹でゆっくり息を吐きながら押していき、心地よい強さで止め、そのまま5秒数えてから力を抜きます。

これをだいたい3~4回ほど繰り返します。

 

 

 

もちろん家庭灸や温熱灸療法も効果的です。

 

 

 

 

 

明後日からは、平昌オリンピックが開幕します。

今大会は、日本人選手に多くのメダリスト候補がいるようです。

勤務中や、授業を受けている間は中々観る機会がないでしょうが、夜など観れる機会がありましたら、TVの前で応援しましょう!!

 

 

 

それでは、また、次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら