2018.03.29更新

年度末ということで、職場内で異動があったり、学年が変わる方もいれば、学生から社会人へ、今まで勤めてきた職場を退職するという方、などなど多くの人が慌ただしく過ごしている時期ではないでしょうか。

今年は、引っ越しに携わるスタッフが減っている為か、引っ越し難民なる言葉が話題になったこともありましたが、新生活を迎えようとしている方は無事新天地へ行けていますか?

引越しは何度か、経験ありますが、新しい街にワクワクする一方で、荷物の梱包などは結構手間で上手くやらないといつまでも終わらないなんてことも少なくありません・・・

 

 

 

本日ご紹介するツボは、「少衝(しょうしょう」です。

 

少衝

 

少衝は、手の少陰心経の9番目のツボで、同経の井木穴になります。

 

ツボの取穴部位は、小指、末節骨橈側、爪甲角の近位外方1寸(指寸)、爪甲橈側縁の垂線と爪甲基底部の水平線との交点に取ります。

 

 

 

ツボの名前の由来は、「少」は手の少陰心経の少、衝は、脈の拍動部、つきあたり、急性という意味があり、経気が小指に向かって、突然水が溢れ出る様を例えて名づけられました。

 

 

 

少衝の効果効能は、イライラや不安、悩みが多く、精神疲労が重なっている時に効果を発揮します。


その他にも動悸、意識混濁、胸脇痛、ヒステリー神経性胃炎、不眠などにも効果的です。

 

また、少衝は脇の下にあるアポクリン腺の分泌異常である「わきが」にも効果があると言われています。


本人は、中々気がつかないけれど、周りの人は気づいていてもその事を言いだせず悩んでいることが多いわきが・・・

 

この問題はかなりデリケートな部分にあたるので、仮に自分で分かっていたとしても、なかなか他の人には相談できず、精神的なストレスにさえ発展してしまいます。


お悩みの方は是非試してみて下さい。

 

 

 

 

少衝を押す際は、小指の爪の生え際を、反対の人差し指と親指で左右からつまんでグリグリともみますと、気軽に刺激を与えられます。

 

指圧する場合は特に心臓に近い左側を集中的に刺激する方が効果を感じやすいかもしれません。


もちろん家庭灸も効果的です。

 

 

 

少衝は上記の症状のほかにも狭心症などで苦しい時に、このツボによく消毒した木綿針を刺して、1滴ほど血を出すと症状が和らぐと言われています。


が、しかし、これは下手にやると一般的には難しいかもしれません。


しかし、覚えておくと役立つかと思います。

 

一般的には、狭心症の症状が出た際には、ニトログリセリンを服用することによって症状を抑えることが出来ますので、そちらを優先した方がよろしいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

暖かい日が多くなってきましたが、肌寒く感じる日もまだあります。

引越しや異動などでお重い荷物を急に持ち上げたりすると、腰や背中に強い負荷がかかってぎっくり腰になったりしますので、無理はしないようにしてください。

万が一、ぎっくり腰になってしまったら、当院へご連絡ください!!

痛みが強く動けない場合は、往診も行っていますcar

mobile phones03-3550-8809

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.03.22更新

いよいよ、明日から第90回記念選抜高校野球大会が始まります。

プロ野球のキャンプイン、オープン戦と始まっていますが、やはりセンバツが始まってこそ球春到来という感じがいたします。 仕事をしていると中々、じっくり見るという機会は少ないですが、観れるときはTVの前で応援したいと思います。

延長12回以降のタイブレーク方式は賛同できませんが・・・

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「少府(しょうふ)」です。

 

少府

 

少府は、手の少陰心経の8番目のツボで、同経の榮火穴になります。

 

 

ツボの取穴部位は、手掌、第5中手指節関節の近位端と同じ高さ、第4・第5中手骨の間に取ります。

ちょうど、拳を握った時に小指の頭が当たるところがツボの位置になります。

 

 

 

 

ツボの名前の由来は、「少」は手の少陰心経のことで、「府」は集まる所、穴という意味があります。少府穴は手の少陰心経の内側の疾患を治療することから、この名がついたといわれています。

 

 

 

 

 

 

少府の効果効能は、動悸や息切れといった心臓病による症状にも効果を発揮します。


顔の火照りが気になる、掌が火照っている感じがするなどといった症状がにも効果があります。

 

また、弾発指(バネ指)、腱鞘炎、薬指から小指にかけての痺れ、肘の痛みや皮膚の痒み、瞼がピクピクとして痙攣しているような症状にも効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少府を押す際には、反対の親指でギュッと少し力を込めて押すようにします。


この時、人差し指で手の甲の側から挟んで押すとより効果があがります。

 

もちろん家庭灸や温熱灸も効果的です。

パイオネックスも悪くありませんが、掌に貼ることになるので、手作業をする方や気になるといった方は、鍼を直接刺して様子を見た方がいいかもしれません。

 

 

 

 

パラリンピックも終わり、TVのスポーツニュースで報道されるスポーツも野球やサッカーなどが多くなってきました。

今年は、ワールドカップロシア大会もあり、またスポーツが盛り上がるでしょう。

それらに感化されて、自分で身体を動かそうと決意される方も少なくないかもしれません。

運動する前はしっかりと準備運動をして、ケガなどされないよう留意ください。

万が一、ケガをしてしまった場合は当院へお越しください。

 

 

ヨ・ロ・シ・ク!!

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.03.14更新

来ましたよ、この時期が・・・(/o\)

飛んでますよ、奴らが・・・( 一一)

 

そう、(杉)花粉です( ゚Д゚)

外に出たら、最後。目は痒くなるし、鼻水は止まらない・・・本当に酷いものです(;_;)

あまりに辛い時は、頭に鍼をさしていますが、もしその姿を見てもひかないでくださいね。本当に辛いんですから・・・

 

 

本日、ご紹介するツボは、「神門(しんもん)」です。

 

神門

 

神門は、手の少陰心経の7番目のツボで、同経の兪土原穴になります。

 

ツボの取穴部位は、手関節内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋上に取ります。

 



 

ツボの名前の由来は、「神」は「心は神を蔵す」、「心は神明を主る」などの、精神、思惟活動の神を指し、「門」は出入口を指しています。この経穴は心経の原穴で、神が出入りする重要な門であると考えられてこの名がついたといわれています。

 

 

 

 

 

 

神門の効果効能は、自律神経の興奮状態を抑え、気持ちをリラックスさせストレスによる腸の不調を整え、便秘解消にも効果があります。

 

また、心部痛と胸中の煩悶感、排尿困難、遺尿、小指の痙攣、拘縮、掌中の熱感、皮膚の掻痒感、肝炎、低血圧、疲労、食欲不振、嘔吐、吐血、悪寒、浮腫みなどにも効果があります。

 

 

 

 

 

神門を押す際には、反対側の親指の指先をツボにあて、グリグリとまわしながら優しく指圧したり、ツボを親指と人差し指で挟むようにして押しましょう。

 

もちろん家庭灸や温熱灸療法、パイオネックス(貼る鍼)も効果的です。

 

 

 

 

花粉症対策において、『花粉を侵入させない』、『花粉を溜めない』ということが重要になってきます。

東洋医学の観点からいうと、花粉は「外邪」となりますので、体の内部に入れないことが当然ながら大事になってきます。

体内にいれないようにマスクをしたり、メガネやゴーグルをかけたりするという方が多いと思いますが、最後の最後で人体の砦となるのが、「皮膚」です。

花粉症というと、目や鼻、口からの侵入に目が行きがちですが、実は皮膚が荒れていたり、乾燥していたりしても、花粉が入りやすくなります。そのため、花粉の侵入を防ぐには、皮膚の不調を解消し、本来の状態に戻してあげることが不可欠です。


 
東洋医学では、人間の体には「衛気」というエネルギーが流れていると考えられています。これは全身に分布し、皮膚表面を「外邪」から守る働きをしています。衛気が十分に満ちていると、キメの細かい、潤いのある皮膚になり、ウイルスなどの侵入も防げるため風邪などもひきにくい状態と言えます。逆にそのエネルギーが弱まると、肌荒れや乾燥などが起こりやすくなり、ウイルスなども侵入しやすくなり風邪などの病気にかかりやすくなってしまいます。

この衛気が弱くなる主な原因として挙げられるのが、体を冷やすことがあげられます。とくに、衛気が作られるとされるおへその下のいわゆる「丹田」が冷えてしまうと、衛気の生産が鈍るので、全身の衛気が減り、皮膚の不調につながります。
ですから、体を冷やす食材(アイスクリームや冷たい飲料、生ものなど)を常食していると、花粉症の諸症状は緩和しづらくなります。

 

花粉症の時期は、こうした食材を口にするのを、できるだけ減らしていくのがお勧めです。



身体が健康な状態で、衛気も十分な状態であっても皮膚で防御し切れず、体に侵入してくる花粉もあります。その場合は、早々に解毒し、体外に排出すること=「花粉を溜めない」です。
 体内の解毒作用において重要な働きを行うのが「肝臓」です。肝臓が十分に機能する状態を維持できれば、花粉症の症状緩和につながります。

 そこで食生活において意識したいのは、肝臓に負担をかける食材の摂取を減らすことです。たとえば、アルコール類、乳脂肪+甘味の食べ物、飲み物(ケーキ、クリーム、菓子パン、甘いコーヒー飲料など)などを控えることです。

 

 これらの食材を普段から接種していれば、肝臓にどんどん負担がかかってしまいます。そうすると十分に解毒機能が発揮できず、花粉症の症状が出やすくなってしまいます。また、食材とは異なりますが、薬も肝臓に負担をかけますから、飲み過ぎには注意しましょう。



だからといって、ここで挙げた「控えたい食材」をゼロにする必要ありません。無理に我慢をすることでストレスを溜め込んでしまうと、花粉症の症状が抑えられても他の弊害が起きてしまい元も子もありません。

 

食生活は毎日のことですから、花粉症対策として、食事からのケアはとても重要ですし、効果も実感しやすいと思います。

これまで、毎日食べていたのを、2日に1回、3日に1回……など、少しずつでもいいので、減らしていくと症状がだんだんを緩和していくはずですので花粉症でお困りの方は、試してみてください。

※こちらは、あくまでも花粉症の症状が緩和されるのであって、完治するというわけではありません。また、効果のほどは個人差がありますのでご注意ください。

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.03.07更新

イチロー選手のマリナーズ復帰、松坂投手の中日での復活など、僕が学生の頃憧れていた選手たちの新天地が決まったり、結果が出つつあります。

中々MLBのFA選手の移籍先が決まらなかったり、ケガの影響で前所属球団で活躍できなかったことを揶揄されたりと色々ありますが、2000年代初頭に名勝負を繰り広げた二人が今後も活躍できる場が決まり、いいニュースが流れてくることに期待したいと思います。

 

 

本日、ご紹介するツボは「陰郄(いんげき)」です。

 

 陰郄

 

陰郄は、手の少陰心経の6番目のツボで同穴の郄穴です。

 

ツボの取穴部位は、前腕前内側、尺側手根屈筋腱の橈側縁、手関節掌側横紋の上方5分に取ります。

 

 

 

ツボの名前の由来は、陰郄の「陰」は陰経からきており、「郄」は凹み、深い穴の意味です。この経穴は気穴が深く集まるところを指し、陰経の郄ということから陰郄と呼ばれています。

 

 

 

 

陰郄の効果効能は、胸の痛み、狭心症、心悸亢進症など、心臓の急性症状に効果のあるツボです。


また、動悸、息苦しさ、不整脈、寝汗・手汗多汗症などの循環器系の急性症状が和らいでいきます

 

他にも、熱を鎮める働きがあり、小児のひきつけ、逆上せ、鼻出血や胃出血の止血にも有効です。

 

 

 

 

陰郄を押す際には、脈拍を測るように反対側の親指と他4本の指で手首をつかみ、親指の腹で押しもむように指圧します。

 

もちろん家庭灸や温熱灸療法、パイオネックス(貼る鍼)も効果的です。

 

 

 

 

プロ野球の世界もオープン戦が始まりました。

いよいよ、球春到来といった感じです。

ご来院頂いている患者様にも野球ファンの方が多いので、今年も治療に関する話だけではなく、こちらの話題でも盛り上がりたいと思います(笑)

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら