2018.08.28更新

平成最後の夏の甲子園。

第100回夏の全国高校野球選手権大会は北大阪代表大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じました。

準優勝の秋田代表金足農業は、秋田代表として103年ぶり(第1回大会以来)の決勝戦へと勝ち進み、エース吉田君を中心とした戦いぶりは多くの感動を与えてくれました。

これからの100年に向け、改善点なども生まれてくるでしょうが、選手たちの熱い戦いぶりにはいつも感動させます。

来年もまた、素晴らしい試合、プレーを楽しみにしています。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「秉風(へいふう)」です。

 

秉風

 

秉風は、手の太陽小腸経の12番目のツボです。

 

ツボの取穴部位は、肩甲部、棘上窩、肩甲棘中点の上方に取ります。

肩甲骨にある水平状の骨(肩甲棘)の中央の凹部にあるツボ。

腕を上げてみると陥没するので分かりやすいと思います。

肩甲棘上窩の中点、前回ご紹介した「天宗」の直上にあるツボです。

 

 

秉風の名前の由来は、「秉」は掌握する、手荷物などに意味があり、「風」は風邪の意味です。この経穴は風を支配し掌握することで、風邪による症状を治すことからこの名がつけられたといわれています。

 

 

秉風の効果効能は、肩こり、五十肩に効果があります。


また、頚部痛や半身麻痺、手のしびれに効果的です。

 

 

 

 

秉風を押す時のポイントは、背中に手をまわし、人差し指を添え、


中指の腹でゆっくり押しまわすように指圧します。


右回り、左回り各4回を1セットとして2~4セット繰り返して下さい。


もちろん家庭灸や温熱灸療法も効果的です!

 

 

 

 

夏の甲子園が終わってもすぐに、秋の大会が始まります。

また、同じ時期に高校総体(インターハイ)もあり、3年生から2年生に代替わりになる時期+夏休みということで練習時間が長くなったりで疲労が溜まりやすい時期でもあります。

当院では、部活生に対するケアも行っていますので、ちょっとしたケガやカラダの事で気になることがあればなんでもご相談ください。

TEL☞03-3550-8809

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.08.16更新

連日、甲子園ではアツい試合が続いています。

まさに、熱闘甲子園。

今大会で一躍注目高校になった金足農業。エースの吉田君を中心にしたいいチームです。

どうしても、公立校が勝ち進むと報道が公立お校寄りになってしまいますが、北大阪代表の大阪桐蔭も史上初の2度目の春夏連覇を目指して勝ち進んでいます。

これも、非常にすごいことなのでこちらもしっかり報道してほしいです。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは天宗(てんそう)です。

天宗

 

天宗は、手の太陽小腸経の11番目のツボです。

 

ツボの取穴部位は、肩甲部、肩甲棘と肩甲骨下角を結んだ線上、肩甲棘から3分の1にある陥凹部に取ります。

 

肩甲骨のほぼ中央、骨が薄くなってくぼみになっている所で、強く押すと腕にかけて響くような痛みが走るので分かりやすいかと思います。

 

 

天宗の名前の由来は、「天」は上部を意味し、「宗」は一族の集団を意味しています。臓腑で一番高いところにある肺を天として、その表に小腸の経気が集まると考えられて天宗と名づけられました。

 

 

 

 

天宗の効果効能として、まず筋肉を和らげる作用があげられます。


特に背中から腕にかけてだるさ・痛みを伴うような肩こりの治療によく使われます。

 

また、胸の痛みにも効果を発揮し、呼吸器症状や動悸、乳汁分泌不全、背中の贅肉対策、高血圧、中耳炎などにも有効です。

 

 

 

 

 

天宗を押す際には、相手をうつぶせに寝かせ、肩甲骨に両手をつき、親指で左右のツボを同時に押します。


このとき、わきの下をつかむようにするといいでしょう。


腕があがらないほどの肩の痛みにも効果があります。


自分でそす手は届かないので、ゴルフボールを使って刺激すると良いでしょう。


壁にもたれた状態や仰向けだと刺激がしやすいはずです。

 

先にも書きましたが、人に押してもらう場合も自分で刺激する際も強さをかけ過ぎないように気をつけてください。

 

 

 

 

甲子園の試合もアツいですが、日中の気温も毎日暑い!!!!

スーパーなどの店頭店頭からは、スポーツドリンクが消えているそうです。

スポーツ飲料やOS-1などの経口補水液などを飲んで熱中症にならないよう注意しましょう。

100パーセントのトマトジュースや麦茶も熱中症予防には効果があります。

 

ご高齢の方が1人で過ごしている場合、トイレに行く回数を減らしたい、電気代の節約などという理由から水分摂取量の不足やエアコンの未使用などにより、熱中症になり緊急搬送されるケースがふえているそうです。

そこを我慢してもっと高い治療費が発生したり、亡くなってしまったら元も子もありません。

ご家族で特に離れて過ごしている方がいましたら、我慢しない様にと一声おかけください!!

 

 

ヨ・ロ・シ・ク!!

 

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2018.08.06更新

雲は湧き 光あふれて

天高く 純白の球今日ぞ飛ぶ

 

昨日、第100回全国高校野球選手権大会が開幕しました。

大阪代表の大阪桐蔭の史上初の春夏連覇や京都代表の龍谷大平安の春夏通算100勝など様々な記録が期待される今大会。

どこが優勝するか熱戦の模様を注目していきたいと思います。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「臑兪(じゅゆ)」です。

臑兪

 

臑兪は、手の太陽小腸経の10番目のツボです。

 

ツボの取穴部位は、肩周囲部、腋窩横紋後端の上方、肩甲棘の下方陥凹部に取ります。

 

 

ツボの名前の由来は、「臑」は上腕部で肌肉が豊富で骨に付着していないところを指します。「兪」は気が出入りする兪穴の筒の意味で、この経穴が内外の気を通すと考えられたため、この名がついたといわれています。

 

 

 

臑兪の効果効能は、上肢帯のだるさや痛みや無力感に効果があります。

さらに肩腫、頸項のリンパ結核、肩こり、五十肩、上腕神経痛、リウマチ、高血圧、後頭神経痛、肩の痛みなどにも効果を発揮します。

 

 

 

 

臑兪を押す際には、耐えられる程度の強さでゆっくり押して、ゆっくり力を抜いていきます。

押すと肘にひびくツボでもあるので、触れるだけでも痛いときはさするだけでも充分です。

 

 

 

 

元高校球児としては、この時期は仕事を頑張りつつも甲子園の結果が気になるもどかしい時期でもあります。

試合が見れない時は、夜の熱闘甲子園でしっかり結果を確認したいと思います。

 

また、今日は広島に原爆が投下された日でもあります。

教科書で習った知識や戦争を体験された患者様の話を聞き知ることくらいしか出来ませんが、もう二度と同じような事が起こってほしくないと思うことくらいは出来るので、難しいことは苦手でもそういったニュースにも目を向けていきたいと思います。

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら