2019.04.15更新

先日、熊本地震から3年が経過いたしました。

今なお、震災の傷跡は残るものの、復興は少しづつ進んでいるようです。熊本の象徴でもある熊本城の復興にも仙台市から職員の方が派遣され、東日本大震災の時に復興させた経験を伝えながら、復興の手助けを行っているそうです。

時間とともに、地元の方以外は関心が少なくなってきてしまいますが、風化させない様に我々も関心を持ち続けることが大切になってきますね。

 

 

本日、ご紹介するツボは五処(ごしょ)です。

 

五処

 

五処は、足の太陽膀胱経の5番目のツボです。

ツボの取穴部位は、頭部、前髪際の後方1寸、前正中線の外方1寸5分に取ります。

前回、ご紹介した「曲差」から5分後ろ(上に上がる)にあるツボですので、「曲差」が見つかれば、比較的見つけやすいツボだと思います。

 

 

 

五処の名前の由来は、「五」は膀胱経の五番目のツボ、「曲差」から五分上にあるツボという事からつけられ、「処」は、場所、ところという意味で、これらを合わせてこの名前がつけられました。

 

 

 

 

五処の効果効能は、眼精疲労・めまい・頭痛・視力低下など目に関する疾患において、効果を発揮してくれます。

その他、小児のひきつけにも効果があります。

 

 

 

五処を押す際には、曲差を押す時と同じように、指先で円を描くように回しながら押したり、軽い力で指で押すようにしてください。

こちらもちょっとした時間にすぐ押せるツボですので、頭痛が出そうな感じの時、目が疲れているなという時に押してみてください☆

 

 

 

 

 

やはり、五処も目の近くに存在するツボなので、目に関係している症状に対しての治療効果が多くあげられます。

ここまで、紹介した膀胱経のツボは、すべて目の周りや近くにあるツボですので、目が疲れている時などに合わせて押してみるとより高い効果を得られると思いますよ(*^-^*)

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイセコーbicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.04.12更新

気温が上がって暖かくなったと思ったら、雨が降り冬のような寒さが逆戻り...

暑さ、寒さも彼岸までとは言うものの、彼岸はとっくに過ぎたような...

しかし、肌寒い日が続いたおかげで今週の初めまで桜の花が残り、桜の下で入学式を迎えられたのはよかったのではないでしょうか?

 

本日、ご紹介するツボは、曲差(きょくさ)」です。

 

曲差

 

曲差は、足の太陽膀胱経の4番目のツボです。

ツボの取穴部位は、頭部、前髪際の後方5分、前正中線の外方1寸5分に取ります。

富士額(ふじびたい)と言われる髪の毛の生え際から0.5ミリほど上で鼻筋から左右それぞれ3cmほど横に行ったところがツボの位置です。

 

※富士額・・・額の髪の生え際が富士山の形に似たもので、美人の条件とされた。

 

曲差の名前の由来は、「曲」は曲がる、湾曲するの意味で、「差」は不ぞはろいの意味があります。これは目頭に起こった(睛明から始まった)膀胱経が湾曲しながら頭部に走行しているために名づけられました。

 

 

 

 

 

曲差の効果効能は、頭痛やめまい、立ちくらみ、耳鳴り、鼻づまりなどの症状に効果があると言われています。

また、男性の方には悩まれている方も少なくないであろう髪の毛問題…それを解消する抜け毛の予防もあると言われているのがこの曲差です。

さらに、曲差を刺激することによって、人間的な知能の発揮を促す効果があり、記憶力が良くなるとも言われている、一石二鳥なツボです!!!!

 

 

曲差を押す際には、指先で円を描くようにまわしたり、軽く指圧したりと、休憩時間などに自分で簡単に押せるツボなのでぜひ押してみてください☆

 

 

 

 

4月は、学年が変わったり、進級したり、就職した境が変わる方が多い月でもあります。

新生活が始まってすぐは、身体が緊張した状態が続き、疲れが出やすかったり逆にきづかなかったり。

そんな時は思わぬケガをしてしまう場合もありますので、十分に気を受けましょう!!

 

 

 

 

 

 

なんだか、身体がだるい・なんか凝っている気がする・・・

そんな時は、ぜひ当院へ駆け込みを!!!

 

 

ヨ・ロ・シ・ク!!

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.04.06更新

新元号は、「令和」に決まりました。

 

出典は、これまでの中国の古典からではなく、日本の古典作品「万葉集」の中の

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

という歌から選出されたとのこと。

しばらくは、中々言いづらかったり、なじめないかもしれませんが、いずれ慣れてくるのではないでしょうか?

 

 

 

本日、ご紹介するツボは眉衝(びしょう)です。

 

眉毛 

眉衝は、足の太陽膀胱経の3番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、頭部、前頭切痕の上方、前髪際の後方5分に取ります。

眉頭をずーっと上がっていき、髪の毛の生え際まで行ったら、そこの少し上(親指第一関節の半分)1寸(親指)行ったところがツボの位置です。

 

 

 

 

 

 

眉衝の名前の由来は、『眉』は読んで字のごとく眉で、『衝』は突きあげる(大通り)という意味があり、眉毛を動かすとこのツボまで、突き上げるような動きがあるため、この名前がつけられました。

 

 

 

 

 

眉衝の効果効能は、疾患でみていくと頭痛、めまい、鼻づまり、目痛時に用いられます。

美容鍼灸の時には、おでこのシワやおでこのたるみに使用します。

 

 

 

 

眉衝を押す時には、人差し指で優しく圧をかけながら10秒から20秒ほどかけてゆっくり押していきます。

これを3~5回程繰り返して行いましょう。

 

 

 

 

眉間にしわが寄ったり、顔をしかめてしまったり・・・

人には、だれしもそんな時は、少なからずあるはずです。

一瞬だとしても、すこしそんな状態が続いたとしても、気持ちを落ち着かせる意味を込めてこのツボを押してみましょう。

 

もしかしたら、ふっと楽になるかも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しれません(笑)

 

 

 

 

それでは、また次回

バイバイク~bicycle 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.04.01更新

こんにちは。

今年の4月1日は、月曜日。

週末ゆっくりして、気持ちも新たにという方も少なくないのではでしょうか?

多くの企業では、本日、新入社員の方が入社式を迎えたのでしょうか?今年は、ちょうど桜が満開の中で入社式を迎えることができ、いい新生活のスタートになったことと思います。

今週中に入学・入園を迎える方も桜が咲いている中の入学・入園になりそうですねflower2

 

 

本日、ご紹介するツボは「攅竹(さんちく)です。

 

攅竹

 

攅竹は、足の太陽膀胱経の第2番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、頭部、眉毛内端の陥凹部になります。

眉毛の内側にあるツボで、鼻の付け根付近のくぼみをさがすとツボを探しやすいと思います。

 

 

 

攅竹の名前の由来は、「攅」は集まるの意、「竹」は竹の意、つまり竹の切り口のような空所に気が集まり、竹の葉に似ているという事からこの名前がつけられました。

 

 

 

攅竹の効果効能は、ツボの位置を触ってもらえればもうお分かりですね。

目の疾患に有効なツボです。

ドライアイだとか疲れ目の時に攅竹を押すと効果を発揮してくれます!!

眼精疲労が酷い時にもここを押すことによって症状を軽減してくれ、スーッとする感じを体感していただけるかと思います。

 

 

 

 

 

攅竹を押す際には、中指をたてて(F〇CKポーズではありません!!!!!)軽く押してください。

この時、爪をたてたり、強く押し過ぎないように気を付けましょう!!

 

 

 

 

さて、このあといよいよ新しい元号が発表されます。

すでに様々なサイトで予想をたてている方がいるようですが、予想が多く集まったり、誰でも予測しうるものは、除外するとのことですが果たしてどのような元号となるのでしょうか?

 

 それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

メールでのお問い合わせはこちら