2020.09.30更新

9月も今日で終わり。

月日が経つのはあっという間ですね…

少しずつ、秋めいている今日この頃、お身体ご自愛くださいませ。

 

 

本日、ご紹介するツボは「委中(いちゅう」です。

 

委中 

 

委中は、足の太陽膀胱経の39番目のツボで、膀胱経の合土穴・四総穴・膀胱の下合穴です。

 

委中の取穴部位は、膝後面、膝窩横紋の中点に取穴します。

膝を曲げた時に膝裏に出来る皺の真ん中がツボの位置になるので、比較的探しやすいツボかと思います。

 

 

委中の名前の由来は、「委」は委ねる、屈する、「中」は真ん中という意味で、膝を曲げた時の真ん中にあるツボということからこの名前がつけられました。

 

 

 

 

委中の効果効能は、四総穴の1つで「腰背は委中に求む」と紹介されていることからもわかるように腰や背中の症状にとても効果的です。

もちろん、膝にあるツボですので、変形性膝関節症による痛みをはじめとした膝の痛みに対しても効果を発揮してくれます。

その他、ふくらはぎのひきつりや下肢の麻痺といった症状に効きます。

 

 

 

委中を自分で刺激するときには、椅子に座って押すと比較的押しやすいので押すときには椅子に座って押すといいでしょう。

しかし、それでも身体の表側にあるツボよりも押しにくいツボではありますので、仰向けに寝るもしくは膝を伸ばして膝裏に硬式テニスボールを置き、コロコロと転がしてほぐすようにします。

また、パートナーの方に押してもらう場合はあまり強くない強さで押し揉むように押してもらうか、ゆっくりと弱めの圧で5秒ほどかけ圧を加えながら押し、5秒ほどかけてゆっくりと力を抜いていくような押し方で押してもらってください。

 

 

鍼やお灸も有効ですので、ご希望の方は是非SUN鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

 

 

 

本日、ご紹介した「委中」は当院の施術でもよく使用するツボです。

 

特に腰が張っている方や痛みのある方はここが硬くなっている方が多いです。

他のツボでもそうですが、硬くなっているところを無理に強く押したりするとただ痛いだけになってしまいますので、Sっ気がある方でもそこは愛をもって優しく押してあげてください。

 

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

ばい、バルシャーク。

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2020.09.19更新

今日から4連休という方も多いのではないでしょうか?

東京都を除く46道府県にお住まいの方は、Go toキャンペーンが始まり宿泊を伴うご旅行において、通常価格よりもお得に旅行が出来るということで旅行に出かけるという方もいるかと思います。

新型コロナウイルスの影響で、これまで外出自粛をしてきたのでこういう機会に、感染予防をしっかりして楽しんでいただきたいです。

 

本日、ご紹介するツボは「委陽(いよう)」です。

 

委陽

 

委陽は、足の太陽膀胱経の39番目のツボで三焦の下合穴になります。

 

委陽のツボの取穴部位は、膝後外側、大腿二頭筋腱の内縁、膝窩横紋上です。

膝の裏側に出来るしわの外側部分を探すとわかりやすいかと思います。

 

 

 

 

委陽の名前の由来は、「委」は曲がる、委ねる、まかせる、「陽」は陰陽の陽を表し、膝を曲げた時に外側にあるツボ(東洋医学において外側は陽」ということからこの名前がつけられました。

 

 

委陽の効果は、膝にあるツボですので膝の痛み対して効果があります。

年齢を重ねてくると、膝の痛みを訴えてくる方が増えてきます。

そんな時に有効なツボです。

 

 

また、坐骨神経痛や膀胱炎の時にも有効です。

 

 

 

 

委陽は、押すと響くような感じがあるツボですので、あまり強い刺激で押すと痛みを感じやすいです。

 

ですので、押すときには優しい強さでゆっくりと圧を加えていき5秒程続けて押し、5秒程かけてゆっくりと手を放すことを左右それぞれ10回繰り返して押してみましょう。

もちろんお灸などで温めるのも効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

連休で県を跨いで移動をしなくても、車などで出かける方もいらっしゃると思います。

安全運転を心掛けて、気をつけておでかけ下さい。

万が一、交通事故に遭った場合は、警察への連絡そしてSUN鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バーイ(`・ω・´)ノ

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2020.09.10更新

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いています。

しかし、8月中の暑さに比べればうだるような暑さは減ったかなという気がします。

それでも、少し動いたりすると汗をかきやすいのは変わっていませんので、水分補給はしっかり行いましょう。

 

 

本日、ご紹介するツボは「浮郄(ふげき)」です。

 

浮郄

 

浮郄は、足の太陽膀胱経の38番目のツボになります。

 

 

ツボの取穴部位は、膝後面、大腿二頭筋腱の内縁、膝窩横紋の上方1寸です。

膝裏の中心より外側で、親指幅1本分上に上がり、骨のキワに取ります。

 

 

 

浮郄の名前の由来は、「浮」は浮かぶ・上、「郄」は隙間という意味があり、膝裏(膝窩)の上部にあって、大腿骨と大腿二頭筋腱の間にあるツボなのでこの名前がつけられました。

 

 

 

 

浮郄のツボの効果は、お尻から太ももにかけての痺れやふくらはぎがつった時など効果的なツボです。

坐骨神経痛の症状が出ている時にこのツボを刺激することで、症状が和らぎます。

 

 

膝周りにあるツボなので、膝関節炎などにも効果的です。

 

 

 

意外な効果としては、尿遺頻数でお悩みの方にも効果を発揮してくれます。

 

 

 

 

 

浮郄を刺激するにはお灸で温めるのが効果的です。

また、パートナーの方にツボの位置に指を当て、5秒程かけて圧を加え、ゆっくりと圧を抜いてもらう押し方を5回ほど繰り返すのも効果的です。

 

 

座った状態ですと、自分でも指で刺激しやすいので気持ちいと感じる強さで揉み押してみてください。

 

 

 

 

 

 

真夏のピークが去りつつあり、外でランニングをと考えている方もいるかと思います。

それでも、冒頭に書いたように暑い日は続きますので、運動前後の柔軟体操を忘れずに。

体温や気温が程よく上がっていると思った以上に身体が動いたりして、ついついもう少し出来そうと無理をしがちですが、そうすると足がつったりします。

そんな時は、浮郄を押してみてください。

 

 

 

 

しれでは、また次回(^^)/

バイバイク~

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら