2014.10.16更新

こんばんは。SUN鍼灸整骨院Staff 須藤です(-ω-)

 

今日はすっきりしない天気でしたね。

朝晩と日中の寒暖の差もあるので着ていくものに困ってしまいますね。

何か羽織るものが1枚あると良いかもしれません。

 

本日、ご紹介するツボは「至陰(しいん)です。

 

至陰の位置

 

至陰は、足の小指の外側の先端にあるツボです。

こちらのツボは、冷え症改善に即効性のあるツボです。

冷えの中でも下半身の冷えの改善、さらには背面の冷えをとるのに効果的なツボです。

背面が温まると前面にその温まった熱が伝わり体全体が温まるため、冷え症改善に効果的なツボなのです。

また、至陰は逆子治療にも用いられるツボとして知られています。

妊娠時に、ここにお灸を据えると胎児が動くことが多いと言われています。

その結果、逆子が改善されるという症例が多く報告されています。

お灸は通常3~7壮ほど据えることが多いのですが、効果が早く出る人は1壮目で胎児が動いたり、羊水が波打つのを感じることもあるそうです。

 

 

当院でもお灸治療を行っていますので、冷え症や逆子でお悩みの方はぜひ当院へお越しください。

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2014.10.08更新

こんにちは。SUN鍼灸整骨院Staff 須藤です(-ω-)

 

本日、ご紹介するツボは「湧泉」です。

 

湧泉の位置

湧泉は、足の裏にあるツボです。

足の裏の中心より前の方にあり、第2と第3の指の骨の間で、少し窪んだところに取ります。

エネルギーが『湧く』『泉』というツボで、万病に効くと言われています。

冷えの中でも足の冷え効くツボとして知られていますが、その他にも歩き疲れ、立ち疲れなど、足の使い過ぎによる筋肉疲労の回復によく効きます。

また、背中、腰、お尻の筋肉疲労や夏バテからくる怠さにも効果があります。

 

東洋医学には、「頭寒足熱という言葉があります。

読んで字のごとく頭部を冷たく冷やし、足部を暖かくすることなのですが、これが逆の頭熱足寒の状態になっていると頭がのぼせている状態で足元が冷えているいわゆる「冷えのぼせ」の状態です。上半身、とくに頭部がうっ血して紅潮し、のぼせ感があります。反対に、下半身は虚血の状態で冷たく、とくに足や足の指が冷たい状態です。

冷えはそもそも血行不良が原因で、血行不良を放っておくと手足など体の末端がむくむ水分代謝異常型の冷えがあらわれます。
冷えを感じた時、体は本能的に末端の体温を下げて頭の温度が下がらないようにするので、手足と頭の温度差はますます大きくなり、「冷え」と「のぼせ」が混在することに。さらに体温を一定に保とうと自律神経が頻繁に働き過ぎ、バランスを崩していきます。冷えのぼせは「自律神経失調型の冷え」と言えます。

自律神経の切り替えがスムーズに行えないことで、寝つきが悪い、睡眠の質が低くなる他、不安感や緊張のような気分の悩みなど、冷え以外の不調を抱えてしまう傾向が強いようです。

 

こういった症状を防ぐために湧泉を押したりお灸で温めて冷えしらずな身体を目指しましょう!!

 

 

今夜は、皆既月食が見られるそうです。暖かい恰好をして赤い月をご覧になってはいかかがでしょうか?

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2014.10.07更新

こんばんは。SUN鍼灸整骨院Staff 須藤です(-ω-)

 

今日は、台風一過で秋晴れの空が広がっています。

日中は、暖かくても朝晩は空気が冷たく感じる日が多くなっています。

そこで、本日も身体の冷えに対処出来るツボをご紹介します。

 

本日、ご紹介するツボは「太谿(たいけい)」です

太谿の位置

ツボの位置は、足の内側のくるぶしの頂点から、アキレス腱の方向になぞっていくと、少し凹んだところです。 後脛骨動脈という動脈の走行部なので触れると脈を打っているところなので、少しピクピク動いています。

 

太谿の効果効能は体内の水液代謝のバランスを良くし、冷え、コリ、足のむくみに効果があり、また、顔の黒ずむ人やシミなどにも良いツボです。

その他にも、頭痛目眩、咽喉腫痛、歯痛、難聴、耳鳴、咳嗽、気息、胸痛喀血、消渇、月経不順、不眠、健忘、遺精、インポテンツ、小便品数、腰脊痛、下肢厥冷、内踝腫痛などの治療にも使われます。

 

昨日、紹介した三陰交と割と近い位置にあるのであわせて押すとより効果的です。

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2014.10.06更新

こんばんは。SUN鍼灸整骨院Staff 須藤です。

 

今朝は、台風18号が関東地方に接近し、交通機関が乱れたりして大変な思いをした方も多いのではないでしょうか?

また、雨に打たれて身体が冷えてしまってオフィスや学校などで暖かいコーヒーやお茶を飲まれた方もいるかと思います。

 

朝晩もすっかり涼しくなってきたので、今日から冷えに効くツボをご紹介していきたいと思います!!

 

今日ご紹介するツボは「三陰交」です。

 

 

三陰交の位置

図にも載せたように内くるぶしから指4本分の位置にあり押したときに軽く圧痛があるところが三陰交の位置になります。

三陰交は、冷えにももちろん効果があるのですが、その他にも下痢、生理痛、頭痛などと共に、全身倦怠、食欲不振といった症状にも効果があり,さらには妊娠前の子宝の灸・ED・性的機能障害、妊娠中は逆子の灸・安産の灸、出産後は乳汁分泌不全・体調管理などにお使いいただけます。足に通っている3つの陰の経絡が交わるツボとして婦人科系疾患に幅広く使われます。

 

足元の冷えを感じましたら、こちらのツボを押したり温灸で温めてあげると冷えの改善につながりますので是非をお試しを!!

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら