2016.11.19更新

年内最後の大相撲九州場所が、福岡で行われています。

日本人力士として、久しぶりの横綱への昇進がかかっている豪栄道関の取り組みは来院されている患者様も気にかけているようです。

千秋楽を迎える来週の日曜日に、賜杯を受け取り横綱へと昇進することを期待しましょう。

 

 

本日ご紹介するツボは、「乳中(にゅうちゅう)」です。

乳中

乳中は、足の陽明胃経の17番目のツボになります。

 

ツボの取り方は、膻中(任脈)から第4肋間に沿って外方4寸。乳頭線上、乳頭部中央に取穴します。

お乳の中央にあり、乳頭の先端にあるツボです。

 

 

ツボの名前の由来は、読んで字のごとく乳頭部を表します。

つまりお『乳』の『中』央にあるという意味です。

 

 

 

乳中の効果効能は、乳腺炎に効果を発揮します。


また、母乳の出が良くない時に刺激すると効果があります。

 

 

 

乳中を刺激する際はまず4本の指を脇に入れるようにして、親指の先をツボにあて、

背中に向かってゆっくりと息を吐きながら10秒くらい押して、吸う時に休みます。

これを4~5回繰り返すようにするといいでしょう。


また、パートナーがいる場合、施術者はあおむけに寝かせ指先で指圧します。

この時中指の先を左右に揺らしながら乳頭を刺激したり、親指と人差し指で刺激してもらうといいでしょう。

 

 

 

 

乳中は、禁鍼、禁灸穴になりますので、家庭灸や鍼に似せた物での刺激は行わないようにしてください!!

 

ヨ・ロ・シ・ク!!

 

 

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2016.11.15更新

今日は、年内最後のワールドカップ最終予選対サウジアラビア戦が行われますsoccer

某TV局では、絶対に負けられない戦いが~などと煽っていますが、現在の日本代表の状況はまさにこの言葉の通り。

1戦も落とせない戦いが続く日本代表に熱いエールを送りましょう!!

 

 

本日、ご紹介するツボは「膺窓(ようそう)」です。

膺窓

膺窓は、足の陽明胃経の16番目のツボです。

 

膺窓の取穴は、前胸部、第3肋間、前正中線の外方4寸に取ります。

乳房の上の付け根の中央あたり、第3肋骨と第4肋骨の中間あたり、乳首と鎖骨の間で乳頭線上にあります。

 

 

膺窓の名前の由来は、「胸の窓」という意味から、喘息などで苦しい時に、ココに鍼をすると「窓」を開けた時のように空気が入ってくるということから、名づけられました。

 

 

 

 

膺窓の効果効能は、肋間神経痛、咳や喘息などの呼吸器疾患に有効です。

名前の由来にも書いた通り、ここに鍼を刺すことにより、空気の通りが良くなるといわれ、上記症状が楽になります。

その他、胸や乳房の痛み、乳腺炎などに対する効果や更に、授乳期に母乳が出にくい時用いると効果を発揮します。

また、前回書いた屋翳と同様にバストアップの効果も期待できます。

 

 

 

膺窓を刺激する際は、4本の指を脇に入れるようにして、親指の先をツボにあて

背中の方に向かってゆっくりと息を吐きながら10秒くらい押し、吸う時に休む・・これを4~5回繰り返します。

パートナーがいる場合は、人差し指と中指を揃えてツボにあて、心地よい程度に軽く指圧してもらいます。

蒸しタオルでバストを包むか、お風呂上がりの血行のよい時に行うとより効果的です。

 

 

 

 

侍ジャパンの強化試合も行われていますが、日本代表にイチロー選手が復帰するかもという報道が、先日ありました。

もしも代表入りしたならば、2009年以来のこと。日本で生でプレーするところを見るチャンスになるかもしれませんので、期待したいところですね。

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイセコーbicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら