2020.08.20更新

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

甲子園では、選抜に出場できなかったチームが記念試合を行っていますが、観客がいない様子は少し寂しい気もしますね。

 

 

本日、ご紹介するツボは「承扶(しょうふ)」です。

 

承扶

 

扶は、足の太陽膀胱経の36番目のツボです。

 

 

承扶の取穴部位は、臀部、臀溝の中点に取ります。

 

大腿後面の真ん中とお尻の境目の交わるところがツボの位置です。

 

 

 

 

 

承扶の効果効能は、坐骨神経痛の特効ツボです。

ツボの位置が丁度、坐骨神経の走行と重なり、神経症状が出たときなどにここを刺激すると症状が緩和されます。

 

 

また、美尻のツボとしても効果的です。

承扶を押すことによりお尻周りの筋肉が刺激され、引き締まる効果があります。

 

 

 

 

 

 

承扶を押すときには、両方同時に刺激できるといいでしょう。

お尻を抱え込むようにつかみ、ツボの位置に中指が来るようにして、5秒程強めに押しましょう。

これを5回繰り返すようにしましょう。

椅子などに座っている時に、ボールなどで刺激を加えるのも簡単に刺激を加えられるのでお勧めです。

 

 

 

 

 

コロナの影響で、お家時間が増え、座る時間が増えたという方も多いと思います。

そうすると、腰やお尻周りに体重がかかって痛みが出たという方もここを押してみてください。

 

 

 

その他、当院の情報はこちらから色々とご覧になってください。

予約もこちらから可能です↓

https://instabio.cc/20428S2qeRe

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2020.08.10更新

春の選抜に出場予定だった参加校による代替え試合、2020年甲子園高校野球交流試合が本日から行われます。

従来のトーナメント方式ではなく、各校1試合だけの特別措置ではありますが、出場できる選手の皆さんには、甲子園の舞台で精一杯プレーしていただきたいですね。

また、開催期間中に新型コロナウイルスに感染する選手が出ないことを祈ります。

 

 

本日、ご紹介するツボは「会陽(えよう)」です。

 

 会陽

 

会陽は、足の太陽膀胱経の35番目のツボです。

 

ツボの取穴部位は、臀部、尾骨の外方5分に取ります。

うつ伏せに寝て、肛門から上になぞっていったときに最初に触れる骨のでっぱりがあります。(尾骨)その骨に触れたところから親指の半分くらい外側に行ったところがツボの位置です。

 

 

会陽の名前の由来は、「会」は会う、「陽」は陰陽の陽の意味で、膀胱経と督脈が出会うことからこの名前がつけられました。

 

 

 

 

会陽の効果効能は、痔の治療に効果を発揮します。

特に痔瘻と言って、臀部に重く鈍い痛みや異物感を感じるときに、こちらのツボを刺激してあげると症状が緩和されます。

肛門の周囲には、細い血管が集まってできた静脈叢があります。ここが長時間圧迫され続けると、粘膜に炎症が起こり腫れ、いぼ痔へとつながってしまいます。

会陽を刺激することで、血行が改善され、痛みや出血などの諸症状を和らげてくれるようになります。

 

また、急性・慢性問わず腰痛の症状の方に鍼で刺激を与えてあげると症状が改善したという結果も残っています。

 

 

 

会陽を刺激する際には、足を軽く開いた状態でうつ伏せになります。

尾骨わきのツボの位置に親指を当て、3~5秒かけてやや強めに上から圧を加えて押していきます。

先ほど紹介した鍼も効果的ですし、温めてあげるのも効果が出るので、お灸をして温めてあげたり、入浴後に指圧を加えるのも効果的です。

 

 

 

 

月が替わってから、本格的な暑さが続いています。

今年は、新型コロナウイルスの蔓延の影響でマスクをしながら生活する生活が続いています。

マスクをつけながら過ごしていると、つけていない時に比べ熱が放散されず、熱中症や脱水症状を引き起こすリスクが上がってしまうそうです。

外出の際、人との距離が十分にとれている時はマスクを外したり、こまめな水分補給を行って熱中症に気をつけてお過ごしください。

 

 

 

これから、お盆休みや夏休みなどで外出する機会も増えてくると思います。

万が一交通事故に遭ってしまったり、ケガをしてしまった場合はこちらからご連絡ください。

→https://instabio.cc/20428S2qeRe

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら