2019.05.16更新

大相撲5月場所。

先場所までの活躍から大関に昇進した貴景勝関が4日目の取り組みで膝を痛めてしまい休場となってしまいました。

まだ、22歳と若く来院している患者様の中にも応援されている方も多く、楽しみが減ってしまったと残念がっていました。

しっかりとケガを治して、来場所以降また活躍する姿を見たいものですね。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「玉枕(ぎょくちん)」です。

玉枕

 

 玉枕は、足の太陽膀胱経の9番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、頭部、外後頭隆起上縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸3分になります。

 

後頭部をなでると出っ張りに触れることが出来ると思います。それが外後頭隆起です。そこから左右それぞれ外側へ1寸3分行ったところがツボの場所になります。

 

 

玉枕の名前の由来は、「玉」は値打ちがあるもの、気品の高い人などを指し、「枕」は、枕骨(後頭隆起)を指しています。

外後頭隆起の両脇にあり、就寝の時にちょうど枕に当たるところなのでこの名が付いたと言われています。

 

 

 

 

 

玉枕の効果効能は、頭にあるツボですので、頭痛や眩暈に効果があります。

 

その他、肺の症状(東洋医学の肺の症状になります。)や鼻づまりにも効果があります。

昔々から、玉枕付近の髪の毛を引っ張ると、鼻出血が止まったり、鼻が詰まっていたのが通るようになったりしたと言われています。

さらに、視力低下にも効果があるとされています。

 

 

 

 

玉枕をご自分で押す際には、親指がツボの位置に来るように後頭部を掴むようにし、じんわりと力を入れるように左右それぞれ10秒ほどおすようにしましょう。

あまり、強い力で押すと結構痛いですので、痛気持ちいいと感じられる程度の強さで押すようにしてください。(実際にこの記事を書きながらいろいろな強さで押してみましたが、思いっきり強く押した時には痛くて一人で悶えました(;´∀`))

また、爪楊枝鍼で玉枕を刺激するのも鼻詰まりの改善にもつながり効果的です。

 

家庭灸は、自分で据えるのは見ながら行える場所ではないので止めておきましょう!

 

 

 

当院に来院している中・高生は今月に中間テストがあるらしく、治療の合間に教科書や参考書を開いている子もいます。

また、小・中学生は今月の後半から来月にかけて運動会もあり、日々忙しくしているようです。

 

 

いつも以上に机に向かったり、運動量が増えると、知らず知らずのうちに身体に疲れが溜まってしまいます。

当院では、お子様の治療も行っていますので、お気軽にご相談下さい。

院の前の看板に、チラシを置いてありますし、スタッフが外に立っていることもありますので、遠慮なくどうぞ~

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.05.14更新

10連休も終わり、1週間が経ち平常のリズムに戻ってきましたか?

SUNに来られている患者様のお話を伺うと「10連休もいらなかった。」「終わってしまうとアッという間。」などといった声が聞かれました。

普段は出かけない場所へ出かけ疲れが溜まった方も、ダラダラし過ぎて身体が怠くなったという方もスッキリさせるためにもぜひ当院へお越しください。

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「絡却(らっきゃく)」です。

 

絡却

 

絡却は、足の太陽膀胱経の8番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、頭部、前髪際の後方5寸5分、後正中線の外方1寸5分に取ります。

有名な百会穴(督脈)の後方5分、左右それぞれ外方1寸5分の位置になりますので、先に百会穴を見つけると探しやすいかもしれません。

 

 

 

絡却の名前の由来は、「絡」は絡脈の意味で微細な血脈を指しています。また、眼の両端にある赤い血管の充血した部分を絡ともいうので、そちらの意味もあります。「却」は退くという意味が有り、この経穴は目の充血した血脈を取り去る働きがあることからこの名がつけられました。

 

 

 

 

 

 

絡却の効果効能は、すでに書かせていただきましたが、目の充血や視力の低下などに効果を発揮します。

その他、頭痛、斜頸、耳鳴り、お腹が張るなどの症状に対しても効能があります。

 

 

 

絡却は頭頂部にあるツボの為、ご自分でお灸を据えるのは難しいツボとなっております。

ですので、ご自分で刺激を加えるとなると指で押すことや爪楊枝を束ねたもので刺激することがメインとなるかと思います。

 

そこで、ご自分で押す際には、指ではなく拳を使ってある程度力が入る形で押せるようにして、刺激を加えるようにしてください。

痛さを感じやすい部分でもありますし、揉み返しを防ぐ観点からも力の加減は心地よいと感じるくらい~痛気持ちいいと感じるくらいで抑えるようにしてください。

また、「かっさ」と呼ばれる中国の民間療法で用いられている道具やマッサージ用のヘアブラシを使って刺激を加えやすく、いいと思います。

 

 

 

次の祝日は、7月15日(月)の海の日です。

毎年思いますが、ゴールデンウィークが終わってから次の祝日までの間が長いですよね…

6月にも祝日があればと思ってしまいますが、中々難しい話でしょうね。。。

 

少しずつ気温があがってきています。

週末は都内も30℃近くまで上がり、場所によっては30℃を超えたところもあったとか。

水分補給は、早め早めに行って熱中症にならないように気を付けましょう。

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.05.07更新

令和一発目のツボブログでございます。

1日に年号が変わると同時に何かを行うことに「令和初」という冠言葉がついて回っているので便乗してみました(笑)

 

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「通天(つうてん)」です。

 

 通天

 

通天は、足の太陽膀胱経の7番目のツボです。

ツボの位置は、頭部、前髪際の後方4寸、前正中線の外方1寸5分に取ります。

百会穴(督脈)から左右それぞれ、指2本分斜め前に位置していますので、見つけにくい方はまずは百会を見つけてから探すと見つけやすいかもしれません。

 

 

通天の名前の由来は、「通」は通す、「天」は天(てん)。天の気を通すという意味からこの名前がつけられたそうです。

 

 

 

 

通天の効果効能は、鼻づまり、鼻水、鼻出血など鼻疾患に特に効果を発揮してくれます。

東洋医学において、鼻は肺に開竅し、呼吸に大きくかかわります。

気の通り道である通天を刺激してあげることによって、呼吸がしやすくなるという効果がもたらされます。

その他、頭にあるツボですので、頭痛や片頭痛、頚肩のコリなどにも効果があります。

 

 

そして、このツボを男性の方にどうしてもお勧めしたいんです!!!

なぜならば・・・

 

 

 

頭皮の血行をよくして抜け毛の進行を遅らせる、男性の方なら悩まない人はいない(はず)の頭髪・抜け毛問題に対して、効果を発揮してくれるからです!!

 

 

遺伝的に心配している方、食生活の乱れや髪の毛に対してダメージを与えてしまった方、是非この通天を刺激してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通天を自分で押す際には、指の人差し指や中指で承光を押す時と同じように、強く押すのではなく10秒~15秒ほどかけてゆっくりと5回~10回刺激してあげると良いでしょう。

また、鍼を打ってピンポイントで刺激を加えるのもより効果的です。

家庭灸は、承光と同じように、髪の毛の問題もあり、難しいと思いますので、是非当院にご来院頂き、施術を受けてください!

 

 

 

 

今年のG.Wは最大10連休になったという方も少なくなく、旅行に行ったり友達と遊んだり家族サービスをしたりとそれぞれ楽しく過ごし、休み過ぎで仕事に出たくないと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?(笑)

 

 

 

当院の施術を受けて、身体がスッキリすると身体も目覚めてしゃっきりすると思います。

遊び疲れを癒したり、休みのメンテナンスも兼ねて当院へぜひ御来院下さい。

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.04.30更新

今日は、平成最後の日。

当院のスタッフは、全員昭和生まれですが、物心ついたころにはすでに平成に年号が変わっていたので、しっかりと年号が変わる瞬間を迎えるのは、今回が初めてになります。

年号が変わってなにかが大きく変わるという事は、中々実感しづらいですが、次の令和でも戦争など無く、平和な時代が続くように願うばかりです。

 

 

本日、ご紹介するツボは「承光(しょうこう)」です。

 承光

 

承光は、足の太陽膀胱経の6番目のツボです。

ツボの取穴部位は、頭部、前髪際の後方2寸5分、前正中線の外方1寸5分に取ります。

前髪の生え際から少し入ったところ、前回ご紹介した五処の後方1寸5分の所がツボの位置になります。

 

 

 

 

承光の名前の由来は、「承」はうける・うけとめる、「光」は光りという意味をそれぞれ持ち、天か麻塩らの光を受ける場所ということでこの名前がつけられました。

 

 

 

 

承光の効果効能は、眩暈、頭痛、視力減退など目の疾患に効果を得られます。

また、その他にも鼻づまりして匂いが分からない、透明な鼻水が多いなどの鼻疾患にも良いとされております。

この時期、スギ花粉の大きな被害は去りつつありますが、ヒノキでしたりスギもまだ影響が残っていますので、悩まされている方は是非お試し下さい。

 

 

 

 

承光をご自分で押すときは、中指か人差し指を使って押すと押しやすいでしょう。

その際は、力を込めて強く押すのではなく、ゆっくりと力を入れていき10秒~15秒ほど時間をかけて押していくと良いでしょう。

お灸も悪くありませんが、家庭灸を使って自分で施灸するには、髪の毛に火がつかないかなどの心配があると思いますので、お灸をやってみたいという方はご来院の際にスタッフにご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

TVなどで、平成ヒットソングだったり平成事件史、スポーツ名シーンなど平成年間を振り返る番組が多くありましたが、名前や概要、曲名などは知っていたものの、「あ、これも平成のものなんだ」「そういえば、こんなこともあった」など初めて知ったり、思い出したりすることも意外と多くありました。

明日からの新年号「令和」

先にも書きましたが、悲しい事件や戦争が起きない時代であってほしいものです。

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.04.15更新

先日、熊本地震から3年が経過いたしました。

今なお、震災の傷跡は残るものの、復興は少しづつ進んでいるようです。熊本の象徴でもある熊本城の復興にも仙台市から職員の方が派遣され、東日本大震災の時に復興させた経験を伝えながら、復興の手助けを行っているそうです。

時間とともに、地元の方以外は関心が少なくなってきてしまいますが、風化させない様に我々も関心を持ち続けることが大切になってきますね。

 

 

本日、ご紹介するツボは五処(ごしょ)です。

 

五処

 

五処は、足の太陽膀胱経の5番目のツボです。

ツボの取穴部位は、頭部、前髪際の後方1寸、前正中線の外方1寸5分に取ります。

前回、ご紹介した「曲差」から5分後ろ(上に上がる)にあるツボですので、「曲差」が見つかれば、比較的見つけやすいツボだと思います。

 

 

 

五処の名前の由来は、「五」は膀胱経の五番目のツボ、「曲差」から五分上にあるツボという事からつけられ、「処」は、場所、ところという意味で、これらを合わせてこの名前がつけられました。

 

 

 

 

五処の効果効能は、眼精疲労・めまい・頭痛・視力低下など目に関する疾患において、効果を発揮してくれます。

その他、小児のひきつけにも効果があります。

 

 

 

五処を押す際には、曲差を押す時と同じように、指先で円を描くように回しながら押したり、軽い力で指で押すようにしてください。

こちらもちょっとした時間にすぐ押せるツボですので、頭痛が出そうな感じの時、目が疲れているなという時に押してみてください☆

 

 

 

 

 

やはり、五処も目の近くに存在するツボなので、目に関係している症状に対しての治療効果が多くあげられます。

ここまで、紹介した膀胱経のツボは、すべて目の周りや近くにあるツボですので、目が疲れている時などに合わせて押してみるとより高い効果を得られると思いますよ(*^-^*)

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイセコーbicycle

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.04.12更新

気温が上がって暖かくなったと思ったら、雨が降り冬のような寒さが逆戻り...

暑さ、寒さも彼岸までとは言うものの、彼岸はとっくに過ぎたような...

しかし、肌寒い日が続いたおかげで今週の初めまで桜の花が残り、桜の下で入学式を迎えられたのはよかったのではないでしょうか?

 

本日、ご紹介するツボは、曲差(きょくさ)」です。

 

曲差

 

曲差は、足の太陽膀胱経の4番目のツボです。

ツボの取穴部位は、頭部、前髪際の後方5分、前正中線の外方1寸5分に取ります。

富士額(ふじびたい)と言われる髪の毛の生え際から0.5ミリほど上で鼻筋から左右それぞれ3cmほど横に行ったところがツボの位置です。

 

※富士額・・・額の髪の生え際が富士山の形に似たもので、美人の条件とされた。

 

曲差の名前の由来は、「曲」は曲がる、湾曲するの意味で、「差」は不ぞはろいの意味があります。これは目頭に起こった(睛明から始まった)膀胱経が湾曲しながら頭部に走行しているために名づけられました。

 

 

 

 

 

曲差の効果効能は、頭痛やめまい、立ちくらみ、耳鳴り、鼻づまりなどの症状に効果があると言われています。

また、男性の方には悩まれている方も少なくないであろう髪の毛問題…それを解消する抜け毛の予防もあると言われているのがこの曲差です。

さらに、曲差を刺激することによって、人間的な知能の発揮を促す効果があり、記憶力が良くなるとも言われている、一石二鳥なツボです!!!!

 

 

曲差を押す際には、指先で円を描くようにまわしたり、軽く指圧したりと、休憩時間などに自分で簡単に押せるツボなのでぜひ押してみてください☆

 

 

 

 

4月は、学年が変わったり、進級したり、就職した境が変わる方が多い月でもあります。

新生活が始まってすぐは、身体が緊張した状態が続き、疲れが出やすかったり逆にきづかなかったり。

そんな時は思わぬケガをしてしまう場合もありますので、十分に気を受けましょう!!

 

 

 

 

 

 

なんだか、身体がだるい・なんか凝っている気がする・・・

そんな時は、ぜひ当院へ駆け込みを!!!

 

 

ヨ・ロ・シ・ク!!

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.04.06更新

新元号は、「令和」に決まりました。

 

出典は、これまでの中国の古典からではなく、日本の古典作品「万葉集」の中の

「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

という歌から選出されたとのこと。

しばらくは、中々言いづらかったり、なじめないかもしれませんが、いずれ慣れてくるのではないでしょうか?

 

 

 

本日、ご紹介するツボは眉衝(びしょう)です。

 

眉毛 

眉衝は、足の太陽膀胱経の3番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、頭部、前頭切痕の上方、前髪際の後方5分に取ります。

眉頭をずーっと上がっていき、髪の毛の生え際まで行ったら、そこの少し上(親指第一関節の半分)1寸(親指)行ったところがツボの位置です。

 

 

 

 

 

 

眉衝の名前の由来は、『眉』は読んで字のごとく眉で、『衝』は突きあげる(大通り)という意味があり、眉毛を動かすとこのツボまで、突き上げるような動きがあるため、この名前がつけられました。

 

 

 

 

 

眉衝の効果効能は、疾患でみていくと頭痛、めまい、鼻づまり、目痛時に用いられます。

美容鍼灸の時には、おでこのシワやおでこのたるみに使用します。

 

 

 

 

眉衝を押す時には、人差し指で優しく圧をかけながら10秒から20秒ほどかけてゆっくり押していきます。

これを3~5回程繰り返して行いましょう。

 

 

 

 

眉間にしわが寄ったり、顔をしかめてしまったり・・・

人には、だれしもそんな時は、少なからずあるはずです。

一瞬だとしても、すこしそんな状態が続いたとしても、気持ちを落ち着かせる意味を込めてこのツボを押してみましょう。

 

もしかしたら、ふっと楽になるかも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しれません(笑)

 

 

 

 

それでは、また次回

バイバイク~bicycle 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.04.01更新

こんにちは。

今年の4月1日は、月曜日。

週末ゆっくりして、気持ちも新たにという方も少なくないのではでしょうか?

多くの企業では、本日、新入社員の方が入社式を迎えたのでしょうか?今年は、ちょうど桜が満開の中で入社式を迎えることができ、いい新生活のスタートになったことと思います。

今週中に入学・入園を迎える方も桜が咲いている中の入学・入園になりそうですねflower2

 

 

本日、ご紹介するツボは「攅竹(さんちく)です。

 

攅竹

 

攅竹は、足の太陽膀胱経の第2番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、頭部、眉毛内端の陥凹部になります。

眉毛の内側にあるツボで、鼻の付け根付近のくぼみをさがすとツボを探しやすいと思います。

 

 

 

攅竹の名前の由来は、「攅」は集まるの意、「竹」は竹の意、つまり竹の切り口のような空所に気が集まり、竹の葉に似ているという事からこの名前がつけられました。

 

 

 

攅竹の効果効能は、ツボの位置を触ってもらえればもうお分かりですね。

目の疾患に有効なツボです。

ドライアイだとか疲れ目の時に攅竹を押すと効果を発揮してくれます!!

眼精疲労が酷い時にもここを押すことによって症状を軽減してくれ、スーッとする感じを体感していただけるかと思います。

 

 

 

 

 

攅竹を押す際には、中指をたてて(F〇CKポーズではありません!!!!!)軽く押してください。

この時、爪をたてたり、強く押し過ぎないように気を付けましょう!!

 

 

 

 

さて、このあといよいよ新しい元号が発表されます。

すでに様々なサイトで予想をたてている方がいるようですが、予想が多く集まったり、誰でも予測しうるものは、除外するとのことですが果たしてどのような元号となるのでしょうか?

 

 それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.03.26更新

こんにちは。

平成最後の大相撲が終わり、平成最後のセンバツ⚾が始まり、平成最後のサッカー日本代表戦⚽が今夜行われ・・・

何かと"平成最後”が横行している今日この頃。

新元号の発表もいよいよ来月にせまり来ています。どのような意味がこもった元号になるのでしょうか?

 

 

本日、ご紹介するツボは「睛明(せいめい)」です。

 睛明

 

睛明は、足の太陽膀胱経の第1番目のツボになります。

 

ツボの取穴部位は、内眼角の内1分、鼻根との間になります。

眉頭の少し下、鼻筋の始まるあたりがツボの位置ですので、ツボの名前や正式な場所を知らなくても、目が疲れたりした時にこの辺りを押したりしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

少し古い話になりますが、Jリーグ⚽開幕時ベルディ川崎や鹿島アントラーズで活躍したビスマルク選手がゴールを決めた時に抑えていた辺りの場所というとわかる方もいるでしょうか?

 

 

睛明の名前の由来は、「睛」は眼、「明」は明るいことを指します。

睛明は、内眼角の上方にあり、視力を回復させる作用があるのでこの名前が付けられたといわれています。

 

 

 

 

 

 

睛明の効果効能は、先にも書いた通り、視力の回復作用や目元に出来る「クマ」に効果があります。


クマは目元に出やすいのですが、その原因でもある瘀血(おけつ)を解消しながら押すとより効果が高まります。

 

その他、長時間にわたるスマホの使用やPC作業、読書による眼精疲労やかすみ目や目の充血など、目の症状全般に対して効果が期待できます。

 

 

 

 

睛明を押す際には、ツボの位置が目頭の少し上にありますので手の平で顔を覆うような形をつくり両手の人差し指で鼻を挟むようにマッサージします。

または、先ほども書きましたが、元サッカー選手のビスマルク選手の様に親指と人差し指で軽くつまむように押してあげるのも効果的です。

 

 

 

 

 

日常生活や仕事に欠かせないPCやスマートフォン、タブレット。

しかし、長時間の使用は確実に目にダメージを与えます。

 

 

少しでも、眼精疲労を軽減させるためにもぜひこのツボを使ってみてください。

 

 

 

 

それでは、また次回(^^)/

バイバイク~bicycle

 

 

 

 

 

投稿者: SUN鍼灸整骨院

2019.03.22更新

いよいよ、今週末からはセンバツが始まるなぁなんて思っていながらメジャーリーグの開幕2戦目を観ていた矢先、衝撃的なニュースが駆け巡りました。

イチロー選手引退!!

誰しもが訪れる瞬間とはいえ、常々最低50歳まで現役であり続けたいと言っていただけに45歳での引退は早いなという気もしますが、逆に自分に厳しく過ごしてきたことで自分の気持ちと体の感覚のズレが生じ、思うように体が動かないなんてこともあったのかなと考えてしまいます。

 

 

 

 

本日、ご紹介するツボは「聴宮(ちょうきゅう)」です。

 聴宮

 

聴宮は、手の太陽小腸経19番目のツボです。

取穴部位は、顔面部、耳珠中央の前縁と下顎骨関節突起の間の陥凹部になります。

耳珠(耳の穴の前方にある三角形の形をした小さな突起物)に手を当てた状態で軽く口を開けると耳珠の少し手前に凹みが出来るのが確認できると思います。その凹んだ部分が聴宮のツボの位置です。

 

 

聴宮の名前の由来は、「聴」は聴覚の意味、「宮」は要所というの意味からこの名前がつけられました。

 

 

 

聴宮の効果効能は、耳鳴りや音や声が聞こえにくいなどの耳の症状に対して用いることが多いツボです。

耳の症状の他にも顎関節症や疲れ目などにも使用するツボになるので、そういった症状でお悩みの方は、以前次回紹介する睛明などと一緒に用いるといいかもしれません。

 

また、美容鍼(顔の鍼)の時にもよく使うツボです。

美容鍼では、お顔(輪郭)のリフトアップに用います。

口角を上げたり、ほうれい線が気になる時にも使用する場所になります。

 

 

 

聴宮を押す際には、人差し指でゆっくりと回すように軽く押すようにします。

その時に軽く口を開けた状態で押した方が、ツボの位置がわかりやすく押しやすいので、試してみてください。

 

 

 

イチロー選手が後退する際に対戦チームの選手も総立ちし、拍手を送っていました。

同僚の選手と一人ひとりと抱擁をする際には、以前所属していたチームでも一緒にプレーしていたゴードン選手がただ一人「ハグは出来ない。僕には感謝の言葉しかない」(ちょっと違うかもしれませんが…

投稿者: SUN鍼灸整骨院

前へ 前へ

entryの検索

カテゴリ

メールでのお問い合わせはこちら